膣に挿入して使うトレーナーetc.膣まわりを健やかに保つおすすめアイテム4選

Biople by CosmeKitchen 

膣に挿入して使うトレーナーetc.膣まわりを健やかに保つおすすめアイテム4選

林ゆり
林ゆり
2020-10-28

フェムテックとは、女性を意味する「female」と技術を意味する「Technology」をかけ合わせた造語で、女性が抱える健康の課題を、テクノロジーを使って改善し、生活の質を改善、向上させようというもの。最近、耳にする機会が増えましたよね。2020年10月9日に開催されたBIOPLE FESではフェムテックに特化したコーナーもありました。そこで見つけたおすすめアイテムをピックアップしてご紹介します。

膣に挿入して筋力をチェック&トレーニング

elvieトレーナー
elvie トレーナー 29,700円(税込)

加齢による筋力の衰えを感じ、筋トレをする人は多いと思いますが、骨盤底筋も鍛えているでしょうか。骨盤底筋の衰えは、膣のゆるみや子宮脱などを引き起こす原因になるので、意識して鍛えておきたいところですが、意識してみても、「これできたえられているだろうか?」と不安になることもあります。そんなときに、膣トレグッズを使うと、より簡単で効果を実感しやすいとのこと。どれだけ筋トレできているか、可視化されるアイテムもあります。それが、「elvie(エルビー)」です。
タンポンのように入れ、トレーニングを行います。スマホと連動したアプリが、正確に膣圧を測定し、自分だけのトレーニングメニューを教えてくれます。あとは、アプリの指示に従って、1セット約5分のトレーニングを行うだけ。可視化されることで、実感がわきやすいですね。シリコンで覆われているので丸洗い可能。トレーニング結果が自動で記録されるので、継続するモチベーションにもなりますね。

INTIMINA
INTIMINA Laselle Set 6,930円(税込)

もっと手軽に始めてみたいなら、「INTIMINA(インティミナ)」がおすすめです。elvieと同様、膣に挿入して使う筋トレアイテムです。重さの違う3つのボールがセットになっていて、鍛えたいレベルやその日の体調に合わせてボールを替え、トレーニングできます。まずは、一番軽いものから始めて、自分の骨盤底筋の状態を知ることから始めるのもよさそうです。

希少なベルサイユのバラを使用したデリケートゾーン専用美容液

The LADY.
The LADY. デリケート ローズプラセンタ セラム 30g 4,378円(税込)

第二の顔ともいわれるデリケートゾーンは、顔や体とは異なるpH値とヴァージナルフローラにより高い自浄作用をもち、炎症やトラブルから自ら守っています。ただ、女性ホルモンの減少で、本来の機能が失われ、乾燥や硬さ、ハリ不足が生してしまいます。「The LADY.」のデリケート ローズプラセンタ セラムは、ベルサイユ宮殿の王のキッチンガーデンで、有機栽培により育てられたバラの美容成分が配合されています。刺激が少なく、初心者でも使いやすいだけでなく、多くのアイテムがジェルやクリーム状で、指で塗らなければいけないのに対し、スプレーするだけなのでとても使いやすいです。バラの香りに癒されるのもおすすめです。

吸収体がオーガニックコットンの自然派タンポン

ナチュラムーンタンポン
ナチュラムーンタンポン レギュラー 968円/スーパー1,078円(税込)※各16個入り

ナプキンいらずの生理用ショーツも登場していますが、経血が流れる瞬間の不快感が苦手で、多い日はタンポンをという人もいらっしゃいますよね。タンポンは、体内に挿入するものだけに素材が気になるものです。そんな人におすすめなのが、布ナプキンのような心地よさに、捨てられる便利さを兼ね備えた「ナチュラムーン」の自然派ナプキンの愛用者からの要望に応えて誕生したという自然派タンポンです。吸収体が100%オーガニックコットンで再上位にランクされるテキサス州産のオーガニックコットンが採用され、特殊技術を駆使して成型されるそうです。アプリケータータイプで初心者でも簡単。8時間吸収できるので、長時間トイレに行くのが難しいときや海などのレジャー時にも便利です。

人生100年の今、生活の改善や質の向上のために、手軽に始められるアイテムが増えているので自分に合ったアイテムを見つけて、後回しにしがちなデリケートゾーンのケアを始めてみませんか

取材協力:Biople by CosmeKitchen 

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

elvieトレーナー
INTIMINA
The LADY.
ナチュラムーンタンポン
膣に挿入して使うトレーナーetc.膣まわりを健やかに保つおすすめアイテム4選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する