垂れ尻改善!ヒップアップで気持ちも上向き!美尻エクササイズ

getty images

垂れ尻改善!ヒップアップで気持ちも上向き!美尻エクササイズ

八田幸子
八田幸子
2020-09-17

お尻の大きさに大小はあれど、やはり気になるのは形。今回は垂れ尻を改善するためのエクササイズをご紹介します!

こんにちは、ライターの八田幸子です。「声で心を整える」をコンセプトに日本ボイスヨガ協会を主宰しています。

私は学生時代にブラジルのサンパウロに住んでいたことがあるのですが、現地では「顔より、胸より、お尻が大事!」という風潮がありました。胸ではなく、お尻にシリコンを入れている女性が身近に何人もいたほどです。魅力に影響するお尻ですが、人それぞれ大小の違いはあれど、やはり気になるのは形です。垂れ尻、扁平尻、出っ尻、四角尻(ピーマン尻)と通常4つのタイプに分類されますが、今回はお尻のトップが下がりお尻全体が垂れている「垂れ尻」の改善トレーニングを動画と共にご紹介します!

垂れ尻になりやすい人の特徴

(1) お尻まわりの筋力が落ちている人
座り仕事の人は要注意。座っている間はお尻の筋肉に負荷がかからないため、お尻の筋肉はお休み状態になっています。運動不足でお尻の筋肉量が少なく脂肪量が多いと、その脂肪を支える筋肉の力が不十分でお尻が垂れてしまうのです。

(2) 猫背の人や反り腰の人
猫背の姿勢というのは、骨盤が後傾した状態です。骨盤が後ろに傾いているので、当然お尻は下に垂れやすくなります。スマートフォンやPC操作は目線が下に落ちて猫背になりやすいので、姿勢に気をつけましょう。逆に、反り腰の人も腰に負担をかけて腹筋やお尻などの筋肉を衰えさせてしまうので注意です。

(3) 皮下脂肪
身体の中なかでもお尻は脂肪がつきやすい部位です。皮下脂肪が増えて重くなると、お尻の筋肉がそれを支えられなくなり、どんどんお尻が下がってきてしまいます。皮下脂肪はつきやすく落ちにくいという性質があるため、皮下脂肪が増えないように適度なエクササイズを行うことが大切です。

垂れ尻改善エクササイズ

以下8つのエクササイズを動画にまとめたので動画を観ながら一緒にやってみてください。

1.かかと押し上げ
2.レッグアップ
3.ヒップリフト
4.ヒップサークル
5.フロッグブリッジ
6.ヒップリフト(片足かけ)
7.ヒップリフト(片足あげ)
8.直立スクワット


それぞれ15回1セットを目安に行ってみてください。

さいごに

コロナウイルスの流行を機に在宅勤務となった方が多いかと思います。通勤がなくなり座り仕事が増えると、どうしても運動不足になってしまいます。お尻の筋肉が休眠状態になりがちな方は、是非1日1セット行ってみてください。1週間続けるだけで効果を実感できるかと思います。慣れてきたら2セット行いましょう!

ライター/八田幸子
日本ボイスヨガ協会(voiceyoga.jp)代表。「声で心を整える」ナレーター・元スポーツキャスター。20歳で単身渡印し、ヨガ発祥地のリシケシで講師資格取得。高名なヨガマスターであるYogrishi Vishvketuに師事、インドの伝統的なヨガを解剖学と合わせて学ぶ。 スポーツキャスター時代に声枯れに悩んだ経験から、独自に「ボイスヨガ (声ヨガ) 」プログラムを開発。指導者養成講座開催やイベント出演・ヨガ監修・コラム執筆等を通じて普及に努める。 2019年にITべんんちゃー執行役員に任命され、CCO(最高コンテンツ責任者)としてマインドフルネス瞑想アプリRelook(relook.app)の企画監修とナレーションを手がける。SNS:linktr.ee/voice_yoga

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

垂れ尻改善!ヒップアップで気持ちも上向き!美尻エクササイズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する