乳製品フリーだけどしっかり甘い。大人向けミントチョコレートのレシピ

LESLEY UNRUH

乳製品フリーだけどしっかり甘い。大人向けミントチョコレートのレシピ

KATHRYN BUDIG
KATHRYN BUDIG
2018-01-24

ヨガティーチャーでホームシェフでもあるキャサリン・ブディグが、彼女の著書『Aim True: Love Your Body, Eat Without Fear, Nourish Your Spirit, Discover True Balance!』から、子供の頃に好きだったミントチョコレートのレシピをご紹介。ミントの香りが爽快な大人向けスイーツを、ぜひ試してみて。

「私の父は、いつもオフィスの冷蔵庫に、ペパーミントパティ(ミントチョコ)を常備していた」と話すヨガティーチャーのキャサリン・ブディグ。「父の元を訪れるたびに、私はその秘密のお菓子に直行していたものだったわ。今でも、幸せな記憶を呼び起こす味」。乳製品を使わないこのバージョンは、懐かしさに浸れるだけでなく、子供も大人も飛びつく美味しさだ。

材料(約24枚分)

■パティ(中身)

  • ココナッツオイル…1.5カップ
  • 細切りのココナッツ(無糖)…1/2カップ
  • 粉砂糖…1/2カップ
  • 海塩…小さじ1/2
  • ペパーミントエキス…大さじ1

■チョコレートコーティング用

  • ダークチョコレートチップ…2カップ
  • ココナッツミルクのクリーム…1缶(400㎖)(脂肪分の高いもの)
  • ダークラム、もしくは、ホワイトカカオリキュール…大さじ2
  • ココナッツシュガー…1/4カップ
  • 海塩…ひとつまみ

作り方

  1. 約25センチ四方のキャセロールにクッキングシートを敷く。
  2. ボウルにパティの材料を入れて混ぜたら、キャセロールに移す。だいたい1センチ強の厚さになる。固まるまで20分から1時間、冷凍庫に入れる。
  3. チョコレートコーティングの材料をボウルに入れ、湯せんする。
  4. 3センチ弱の丸いクッキー型を使って、冷やしておいたパティから、できるだけ多く型抜きする。余った分は柔らかくなるまで室温に置き、再び1センチ強の厚さにして、冷凍庫で固める。固まったら、また型抜きをする。
  5. オーブンの天板にクッキングシートを敷き、その上に網を置く。フォークを2本使って、パティを1つ、チョコレートコーティングの中にくぐらせたら、網の上に移す。チョコレートが固まるまで、5~10分待つ。残りの分も同様に。

 

栄養成分(1個分)

269㎉、脂質22g(飽和脂肪酸18g)、炭水化物18g、食物繊維0g、タンパク質1g、ナトリウム49㎎

Photo by Cheyenne Ellis,Lesley Unruh
Translated by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.48掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する