ヨガをためらう友人、どう誘ったらいい?

Getty Images

ヨガをためらう友人、どう誘ったらいい?

綿本彰
綿本彰
2020-02-05

日本を代表するヨガ指導者、綿本彰先生が、ヨガにまつわる悩みに対してアドバイス。今回は「体が硬いからと、ヨガをためらう友人にどう話をしたらいいか」と悩む読者に答えます。

血行促進や疲労回復など、硬い人ほど効果を実感!

ぜひ「綿本さんの所なら硬い人でも大丈夫よ」とお話ください。というのは冗談ですが(笑)、その方には「硬い人ほどヨガの効果が得られやすい」とお話になられてはいかがでしょうか。

これは得られる効果にもよりますが事実で、普段ヨガ的な動きをしていない方は、少し体を動かすだけでも血行が良くなり、新陳代謝もアップして肩こりが一瞬で軽減したり、腰が軽くなったり、疲れが取れたりします。

また、見本通りの姿勢をとることがヨガの目的ではなく、柔軟性に応じた自分なりの姿勢をとることで、体各部を刺激、体を調整することがポーズ本来の目的。体が硬いからマッサージに行くのを控える人がいないように、ポーズ本来の目的をしっかりお伝えすれば、ためらいは軽減されるのではないでしょうか。押しつけにならない範囲で、素敵にヨガワールドにお誘いくださいね!

 

教えてくれたのは…綿本彰先生
日本ヨーガ瞑想協会会長。父である同協会名誉会長、故・綿本昇師からヨガを学ぶ。大学卒業後インドに渡り、各地でヨガ、アーユルヴェーダの研修をし、帰国。1994年にヨガの指導をスタート。

yoga Journal日本版Vol.53掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガをためらう友人、どう誘ったらいい?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する