蠍座 1/11~1/24の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

蠍座 1/11~1/24の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2020-01-11

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

蠍座 11/16 – 12/15

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

蠍座/Illustration by Nanayo Suzuki
蠍座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

1月11日は双子座で満月、ラーフ-ケートゥ軸に重なるため月食、半影月食となります。ナクシャトラ(※1)はプナルヴァス(※2)、母なる女神アディティが支配し、シンボルは弓矢を入れる筒、反復、回復、再生、繁栄などに関わるナクシャトラ。善良で、純朴、真理を自然と体現しており、矢のようにまっすぐで正直な気性を持つたいへん吉祥なナクシャトラの一つ。今回の満月は半影月食であり、12月26日の日食から続く大きな変化、転換期となりそうな2020年最初の満月です。

11日の満月の頃は、何らかのハプニングに見舞われる恐れがありますが、それによって棚ぼた的な利益が得られる可能性があります。人からの援助や人の優しさや愛情を感じる機会にもなりそうです。災い転じて福となすということわざそのままのような出来事に遭遇しそうなので、受け止めていく覚悟を持って過ごすといいでしょう。

13日水星は山羊座へ、続いて15日太陽が山羊座へ、仕事においてはあなた自身が試される時、自力で調べたり、専門家にあたったりして自分で答えにたどり着けるよう奮闘しそう。24日には土星が山羊座へ、いっそう自助努力が試されるような流れが加速していきそう。

恋愛に関しては、お付き合いが始まったばかりの人は楽しい時なのですが、長くお付き合いしている人にとっては相手の嫌な面が目についてしまうかも。フリーのあなたは専門職の人と縁があります。エンジニアやプログラマーなど。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(プナルヴァス):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は木星、善性、真理の体現、回復や再生を意味するナクシャトラです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する