背骨のストレスを取り除こう|パーナヨガ創始者による7つのヨガポーズ

Caveman Collective

背骨のストレスを取り除こう|パーナヨガ創始者による7つのヨガポーズ

「人生とはヨガである」。アーディル・パルキヴァラは、インドの霊的指導者、シュリ・オーロビンドの言葉を引いてこう言う。自分が生まれたのはヨガのおかげだと断言する人物にふさわしいセリフだ。半生をヨガの研究に捧げてきたパルキヴァラは、妻サヴィトリと一緒に、パーナヨガTMと呼ばれる全体観的治療法を確立。パーナとはサンスクリット語で、「欠けたところがない十全な状態」を意味する。今回パルキヴァラは、自らの驚くべき体験について語り、さらにヨガジャーナルのためにシークエンスを考案・指導してくれた。

アーディル・パルキヴァラ氏のルーツとは

ヨガを初めて経験したのは、母の胎内にいた時でした。

7年間妊娠できなかった母は、ヨガに出会いました。そして、父と一緒にインドでB・K・S・アイアンガーから直にヨガを学びました。ヨガのおかげで私は生まれたのです。

私は幼少期に、両親がレッスンを受けているのを見ていました。アイアンガーは7歳未満の子どもにはレッスンを受けさせませんでした。人は7歳になって初めて心と体が結びつくというのです。1966年に受けた初めてのレッスンについては記憶もおぼろげですが、アイアンガーとは一生分の記憶があります。アイアンガーはやるべき仕事を厳しく課す人でした。世界で最も名の通ったヨガ指導者だったアイアンガーは、自分以外の人の指示には従う必要がありませんでした。

苦しみに耐えて鍛錬、得たものは

私はアイアンガーの最年少の生徒で、愛弟子のひとりに数えられるようになり、頑張ることを強いられました。それには良い面も悪い面もありました。良かったのは、それによって計り知れない自制心を得たことです。その一方で、度重なるけがに苦しみました。7歳でヨガを始めた当時、アイアンガーパスチモッターナーサナ座位の前屈)をしている私の背中に10分間も座っていたんですよ。あまりに痛くて、ずっと叫び声をあげていました。しかし、インドでは先生に「ノー」とは言いません。先生をとても尊敬するのです。ですから、私も痛みに耐えました。痛みに耐えたおかげで、強い性格になりました。今では人生の困難な状況にも落ち着いて対処できます。私はヨガの練習を続けました。

ヨガを教える立場に

そして、15歳の時、スクールの役員からヨガを教える話を持ちかけられました。伝統を重んじれば、弟子はうやうやしく師に許可を求める必要があります。ですから、私はグルジ(当時はグルジのことをアイアンガー叔父と呼んでいました)にたずねました。「私は教えてもよろしいでしょうか」。グルジは微笑みながら「よろしい、教えなさい」と答えました。ヨガを教え始めた時に、「ヨガを教えるのであれば、自分自身の体でヨガを究めることに真剣に取り組まなければならない」心の底から思いました。

私の練習は激しさを増していきました。1975年には、当時ボンベイでグルジからヨガを学んでいた私たち生徒が、ボンベイの近くのプーナにグルジの有名なヨガインスティテュートを設立するのにひと役買いました。グルジは私をインスティテュートに招いてくれました。私たちは、時には1日8時間練習しました。私はこの練習を通じて、持続する粘り強さと、衝撃を受け止める心を得ることができたと思います。

photos by Caveman Collective
model by Aadil Parkhivala
translatated by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

世界的に有名なティーチャーに学ぼう|アーディル・パルキヴァラ
世界的に有名なティーチャーに学ぼう|アーディル・パルキヴァラ
世界的に有名なティーチャーに学ぼう|アーディル・パルキヴァラ
世界的に有名なティーチャーに学ぼう|アーディル・パルキヴァラ
世界的に有名なティーチャーに学ぼう|アーディル・パルキヴァラ
世界的に有名なティーチャーに学ぼう|アーディル・パルキヴァラ
世界的に有名なティーチャーに学ぼう|アーディル・パルキヴァラ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する