新人ヨガ講師の悩み解決|リピート率アップのために人気ヨガ講師が心がけていること

Getty Images

新人ヨガ講師の悩み解決|リピート率アップのために人気ヨガ講師が心がけていること

インストラクターとして活動するうえで次々と出てくる疑問や悩みを、第一線で活躍する先生方が回答。今回は、レッスンをリピートしてくれる"常連さん"ができないお悩みにアドバイス。

新人ヨガインストラクターのお悩み「なかなか“常連さん”ができません…リピート率UPのためにやっていること・心掛けていることは?」

鈴木伸枝先生のアドバイス「アジャストを通じて自分ではできない気づきをもたらします」

アジャストは生徒さんを見て、その方のためだけに行う指導。それを通じて自分ひとりの練習ではできない、体験や気づきを得てもらえるように心掛けています。それは、指導者がマットの上にいるだけでは不可能なこと。歩き回りながら、一人ひとりに目を向けます。

岡本かなみ先生のアドバイス「レッスンでは必ず記念撮影!楽しかった記憶を残します」

レッスン中やレッスン後に笑顔で写真を撮り、SNSにアップ。雰囲気がわかるので今まで躊躇していた方が来てくれたり、参加した方も楽しい時間を思い出してリピートしてくれます。

レッスン中やレッスン後に笑顔で写真を撮り、SNSにアップ。雰囲気がわかるので今まで躊躇していた方が来てくれたり、参加した方も楽しい時間を思い出してリピートしてくれます。
楽しかった思い出をシェア

森 初世先生のアドバイス「生徒さんごとに体の悩みや使い方のクセ、目標をメモ。良い変化をすぐほめます」

続けることで心身の良い変化を感じてもらえるように、苦手な動きや不調、目指す体型などをメモしています。変化があったらその場で褒めたり、クラス後にアドバイスすることも。

メモはレッスン時にいつも携帯。一度書いたら終わりではなく、どのように変わったかを継続してメモ。
メモはレッスン時にいつも携帯。一度書いたら終わりではなく、どのように変わったかを継続してメモ。

京乃ともみ先生のアドバイス「ヨガができ、友達にも会えたら一石二鳥。"生徒さん同士"が仲良くなるきっかけをつくります」

ヨガが友達に会う時間になってもっと楽しみになるように、共通の趣味があればその話題をふったりして、生徒さん同士に会話のきっかけをつくります。レッスンで、積極的にペアワークを行うことも。

ヨガが友達に会う時間になってもっと楽しみになるように、共通の趣味があればその話題をふったりして、生徒さん同士に会話のきっかけをつくります。レッスンで、積極的にペアワークを行うことも。
Illustration by Nana Suzuki

 

Text by Megumi Nishijima
Illustrations by Nana Suzuki
MOOK「良いヨガインストラクターになるには」掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

レッスン中やレッスン後に笑顔で写真を撮り、SNSにアップ。雰囲気がわかるので今まで躊躇していた方が来てくれたり、参加した方も楽しい時間を思い出してリピートしてくれます。
メモはレッスン時にいつも携帯。一度書いたら終わりではなく、どのように変わったかを継続してメモ。
ヨガが友達に会う時間になってもっと楽しみになるように、共通の趣味があればその話題をふったりして、生徒さん同士に会話のきっかけをつくります。レッスンで、積極的にペアワークを行うことも。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する