「休み明けの会社がつらい」年始鬱を回避するためにすべきこととは

BIGSTOCK

「休み明けの会社がつらい」年始鬱を回避するためにすべきこととは

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-01-09

のんびりできたお正月ももう終わり。仕事が始まるととたんに日常がせわしなくなり、休日とのギャップに現実逃避したくなりませんか? 年始鬱の上手な乗り越え方を考えてみましょう。

体のリズムを取り戻すには?

年始の仕事始めは、いつものスピードに戻したいのに心も体も戻っていかない焦りからくる「年始鬱」になりやすくなります。無理なく今までの通勤リズムを取り戻すには、朝しっかり体を目覚めさせ、夜ぐっすりと眠ることがとても大切。いつも以上に朝と夜の過ごし方を丁寧にしてみましょう。

朝の体をしっかり目覚めさせる

冬はただでさえ日照時間が短く、気持ちがふさぎがち。だからこそ年始鬱を予防するには、朝の体をしっかりと起こすことが大切です。目覚ましを止めたらすぐにカーテンを開けて、しっかりと日光を浴びましょう。曇りや雨の日は部屋の電気をつけて、目から入る光で体を起こすことも大切です。さらに伸びをしたり、大きく深呼吸したり、呼吸で体を内側から刺激するのもいいでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する