ヘルシータコスを作ろう!NY料理長直伝の創造的な3つのレシピ

Jennifer Olson

ヘルシータコスを作ろう!NY料理長直伝の創造的な3つのレシピ

ヘルシーにメキシカン料理を楽しみたいのなら、ドス・カミノス・レストランの共同料理長、アイビー・スタークの創造的なタコスを作ってみよう。ベジタリアンやヴィーガンなど、食生活に応じた3種類のレシピを紹介する。

レシピ1:チキン アルカーボン タコス

ノンベジタリアン(何でも食べるタイプ)の人は、「チキン アルカーボン タコス」がおすすめ。「アル カーボン」は「グリルする」という意味だが、チキンはローストしてもかまわない。どちらにしろ、スパイシーな柑橘系のマリネからくる刺激が大好きになるだろう。

材料(6人分)

  • コリアンダー(刻む)…1カップ
  • フレッシュオレンジジュース…2/3カップ
  • フレッシュライムジュース…1/3カップ
  • にんにく…8片
  • ハラペーニョ(刻む)…3つ
  • オーガニックチキン(胸肉、皮と骨がついていないもの)…450g
  • コーントルティーヤ…12枚
  • キャベツ(白か紫のもの)…1つ
  • ライムを薄いくし形に切ったもの(飾り用)

作り方

  1. ブレンダーでコリアンダー、オレンジジュース、ライムジュース、にんにく、ハラペーニョをなめらかになるまで撹拌する。
  2. チキンをガラス製の容器に入れ、ミックスしたものを注ぎ入れる。ふたをして少なくとも1時間、できれば一晩冷蔵庫に入れておく。
  3. グリルを中火にしてチキンを焼く。途中で一度ひっくり返し、火が通るまで8分ほど焼く。グリルからチキンを取り出し、冷めないように覆っておく。
  4. フライパンを中火にかけ、トルティーヤを1枚ずつ片面30秒ぐらいトーストする。
  5. チキンを1㎝ぐらいの細長い形にスライスし、トルティーヤ1枚ずつにのせる。キャベツをのせ、ライムとピコ デ ガロ(レシピは次ページを参照)を添えてサーブする。

栄養成分(タコス2つ分)

254㎉、脂質4g(飽和脂肪酸1g)、炭水化物38g、食物繊維8g、たんぱく質21g、ナトリウム91㎎

Story by Karen Asp
Photo by Jennifer Olson
Food styling by Eric Leskovar
Prop styling by Nicole Dominic
Translation by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する