豪ヨガカップルに聞く「愛に満ちた結婚生活」を長続きさせる方法

yoga Journal AUS

豪ヨガカップルに聞く「愛に満ちた結婚生活」を長続きさせる方法

Egg Of The Universeはどのようにしてできあがったのでしょうか?

ハリー:僕たちはすでにヨガスタジオを長年経営していました。ある日、隣のビルに空きが出たんです。僕は、食品ビジネスを最初から取り入れていました。そのころは、特にホールフードに気持ちを動かされていて、ぜひ広めていきたいと考えていました。それに、僕たちはふたりともずっと、総合的なウェルネス空間を経営したいと夢見てきました。僕たちは思い切ってこれを機に挑戦してみよう、ユニークなものを創り出そう、と決めました。

ブライオニー:私たちはいつも Egg のような、中心になる場所をつくりたいと考えてきました。Egg は私たちの大好きなものをみんな合わせたものなんです。ヨガに、上質な食に、瞑想。それに関心を共にする人同士がつながれる場所です。私たちが Egg Of The Universe で提供しているものはすべて、私たち自身が、生活でじっさいに実践していることから生まれてきています。私たちは、ヨガそのものだけでなく、ヨガ以外の場面でも、何かを自分たち自身で経験します。そうして、いったんそれを私たちの生活の中でいちばんいいと思える形で取り込んでしまうと、今度は私たちのスタジオで教えている講師の先生方や、生徒たちにもそれをシェアしたくなるんです。

あなたたちのように長く一緒に連れ添うにはどうしたらいいのでしょう? これまでどのような困難がありましたか? ヨガは、マインドフルな結婚生活のために、どのように役に立ってくれましたか?

ハリー:私たちの関係性の「レシピ」は、まずは素材の良さに基づいています。私たちは自然に惹かれ合いました。共通の価値観を持っていたので、同じものごとに反応し、似た夢を持っていました。それ以外の点でいうと「愛」について、「共に生きる」ということについて学ぶという、とても複雑な課題に取り組む必要があります。それは、私たちにとっても、今日のこの日まで終わることなく拡がり続けているように思えるほどの、とても奥深い課題です。この決して終わることのないダンスのなかで、私たちは幸運にも、個人として成長をしながら、同時にまた、ふたり一緒にも成長してきました。新しいテキストや新しい師との出合いで、相手の新たな面が明らかになったりします。それで刺激をうけるということがよくあります。積極的に心を開くことを学ぶというシンプルなプラクティスは、私たちふたりとも AcuEnergetics のケヴィン・ファロウから学びました。このプラクティスは、私が私自身とのあいだにもつ関係性にたいして与える影響を深めましたし、妻との関係をはじめとして、他者との関係の取り方を広げてくれました。

もちろん、これまでの道のりには乗り越えるのが大変な難所もありました。今もありますし、これからもあるでしょう。しかし、そうした困難はわずかなものであって、それに拘泥していると、絶えず小さなことにとらわれて、非難の応酬ばかりになってしまいます。むしろ、起きていること全体の美しさにたいして目を開くのが大事です。

ブライオニー:これこそが私を豊かにしてくれるのだというものがあって、それは何かというと、一緒に年月を過ごしてきた20年の間、ハリーが成長していくのを目の当たりにできたことです。彼に対する愛がやむことなく続いたのは、そのおかげです。お互いに自分を成長させることは私たちにとって本当に大切なことです。そのおかげで、お互いに対する深い尊敬の気持ちを持ち続けることができます。そうすることで、つねに新しい光のもとでお互いを見ることができるのです。たとえば、夫が最近TedXでのトークを準備する様子をそばで見ていましたが、本当に素晴らしかったです。TedXに依頼されることは、名誉です。私は彼がこの依頼に応じたのを見て感銘を受けました。何度か落ちこんだり、不安定になったりもしていました。でも驚いたことに、そういったときに、彼は、私を避けるのでなく、むしろ私のサポートを頼ってくれたんです。私たちは一緒に準備に取り組みました。そのとき私は彼のための愛情に満ちた居場所になれたわけです。これまでよりもずっと深く、彼は自分自身のなかのまだ見ぬ場所まで降りていき、そして私をそこへ迎え入れてくれました。それは私たちの愛、私たちの結びつきのターニングポイントになりました。私は彼のトークが上手くいってすごくうれしかったです。でも、それよりも、この機会に彼が人間として成長できたこと、そして私たちがカップルとして成長できたことを、もっともっとうれしく感じました。成長というものは、私たちふたりにとって、自分自身の成長も、一緒に成長できるということも、とても大事なことなのです。
 

Translated by Miyuki Hosoya

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する