ジャスティン・ティンバーレイクの妻ジェシカ・ビールのメンタルを支えるもの

Getty Images

ジャスティン・ティンバーレイクの妻ジェシカ・ビールのメンタルを支えるもの

「自分を見失いかけていた20代の私を救ってくれたのがヨガ。自分を見つめ直し、スピリチュアルな側面を再認識できる機会をヨガが与えてくれたわ」というのが、ジェスティン・ティンバーレイクの妻、ジェシカ・ビール。彼女は女優、活動家、レストランオーナーに加え、セレブの妻、ママ業までこなす、まさにスーパーウーマン。子供の頃は器械体操やサッカーなどに没頭する体育会系で、常にフィットネスが生活の一部であったというジェシカ。体力には自信があるけれど、ハリウッドでのプレッシャーや競争など、精神的なストレスは別物。こういったメンタルヘルスのメインテナンスにおいてヨガが大きく貢献したと言います。

ヨガは競争の場とは無縁の安全なコミュニティ

「ヨガクラスでは、他のワークアウトで感じがちな競争心が全くなし。呼吸とムーブメントにフォーカスするからかしら。ヨガスタジオは競争の場とは疎遠の、安全なコミュニティーのだと感じるのよ」とジェシカ。「それに、ヨガをすると、もっと良いママになれる気がする。どんなに辛い状況でも乗り越えていける心の準備を整えられる。ヨガの後は、いつも気持ちが穏やかに一新されて、リアルライフにこの気持ちを適応させていこうというモチベーションが湧いてくるの」。ヨガが彼女の人生を豊かにするための重要なエレメントになっていることは間違いなさそうです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する