Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(いて座)/9月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(いて座)/9月の運勢

Saya
Saya
2022-09-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わりはじめます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

いて座/9月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

9月3日頃は、コミュニケーションの行き違いが起こりやすいとき。そんななか、5日に愛と美の星・金星がいて座さんにとっての「キャリアやライフワーク」の領域へ。ここには太陽も入っていますが、何かとても楽しい仕事が入るかもしれません。どちらかと言うとマネジメントの側にまわる機会が多そうです。

そんななか、10日の満月は「居場所」の領域で、境界を溶かす星・海王星とともに起こるので、家庭内の問題から不安感が生まれることも。この日からは思考や伝達の星・水星が「仲間や未来」の領域で「逆行」することもあり、人間関係も混乱しがちです。信頼関係をきちんと築く姿勢が欠かせないでしょう。とくに17日頃は、相手の何げない言葉に傷ついてしまうこともあるかもしれません。

そのうえで、23日には太陽が「仲間や未来」の領域に入ります。この頃は人間関係において、真剣に向き合わないといけなくなりそう。水星は同じ日に「キャリアやライフワーク」の領域に戻ることもあり、踏み込みすぎた関係においてはいったん戻って考え直すことも。26日の「仲間や未来」の領域の新月からは相手との協調関係も生まれ、一緒に未来へと羽ばたいていく感覚が。

WORKS 

仕事においては自分が表立って動くのではなく、裏方にまわったり、管理したり、監修したり。そんなポジションにまわることが多くなるかも。また、そんな、人を応援するスタイルを楽しく感じるでしょう。ただ10日からは水星「逆行」もあるので、ぐいぐいと押し出しを強くしないこと。あなたと付き合うと楽しいことがある、そんなふうに思ってもらえる柔らかさを持って。

FOR MINDFULLNESS 

普段はおおらかなのですが、仕事となるとスイッチが入り、完璧主義になることもあるいて座さん。でも、9月は、仕事でも、もちろん人間関係でも、完璧を求めすぎないことが運をよくする秘訣だと言えるでしょう。楽しみながら、進めていくことで、周りもぐんとよい雰囲気に。調和を大切にしたいですね。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する