Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(さそり座)/9月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(さそり座)/9月の運勢

Saya
Saya
2022-09-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わりはじめます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

さそり座/9月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

9月2日頃は、相手がとても遠く見えて、寂しくなることも。すると、相手を質問攻めにしたくなってしまうかも。5日に愛と美の星・金星が入るのは、さそり座さんにとっての「仲間や未来」の領域です。仲間と一緒に話し合いながら進めるというさそり座さんにとっては、とても好ましい時期がこれ以降、やってくるでしょう。未来について、建設的に話し合うことも増えてくると思います。7日頃は所有欲や嫉妬心が高まりやすく、自分でも持て余してしまうかも。

そんななか、9月10日の満月は、「恋愛や創造、子ども」の領域で起こり、ここには境界を溶かす星・海王星も滞在しているので、さまざまな思いが心を駆けめぐり、不安になってしまうことも。この日からはまた思考や伝達の星・水星が「逆行」を始め、進もうと思うと強い不安がやってくることも。

愛されたい、認められたいという心にある思いは23日以降、ますます大きくなるかも。ただ、水星はこの日からはまた「仲間や未来」の領域に戻るので、その思いを隠して、友人付き合いを大切にするような、真面目さが光りそう。26日のひとつ前の領域の新月から、愛されたい思いがひとつの光になっていくかも。28日頃は平気なフリをしがちですが、この頃も寂しさがありそうです。

WORKS

さそり座さんにとっての仕事の本番は、10月下旬かもしれません。今はそのための準備期間でもあり、本番のためにさまざまな調整をする時期なのではないでしょうか。人との連絡事項も多くなるとき。9月10日以降は、水星「逆行」期間があるので、果たして、このプロジェクトがうまくいくのかと不安に襲われることも。「人事を尽くして、天命を待て」という心境でのぞみましょう。

FOR MINDFULLNESS

他者の視線が気になるときで、とくに水星が「逆行」すると、ぐるぐると考えすぎてしまい、つらくなることもありそうです。ほかの人とは比較してもいいことはないと頭ではわかっていても、うまくいった人の話などに内心穏やかではないことも。自分の魅力を信じて、笑顔で乗り切っていきたいですね。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する