産後19kg減のキム・カーダシアンも実践中!「朝食アーモンドバター」でヤセる理由とは

Getty Images

産後19kg減のキム・カーダシアンも実践中!「朝食アーモンドバター」でヤセる理由とは

小山陽子
小山陽子
2018-05-21

アーモンドバターというと、カロリーが高くて避けていた人も多いはず。でも、ヘルスコンシャスなセレブの間で朝食にアーモンドバターを摂る人が定番になりつつあります。その理由とは?

朝食にアーモンドバターを食べると空腹を感じにくい

食事のなかでも、からだへの吸収率が高い朝食は“何を食べるか”がとても重要。朝ごはんを食べる派の人にとって、自分に合った朝食は、1日のパフォーマンスを上げてくれる大きなファクターのひとつです。昨今、アメリカのセレブの間で朝食の定番アイテムになっているのがアーモンドバター。ヘルシーアイコンとして高い指示を得ている女優のグヴィネス・パルトロウや、産後19kgのダイエットに成功したキム・カーダシアン、男性ではジャスティン・テインバーレイクが朝食にアーモンドバターを摂っています。

キム・カーダシアン
「朝食アーモンドバター」で19キロ減!?キム・カーダシアン(Photo by Getty Images)

British Journal of Nutritionで発表された実験結果によると、朝食にアーモンドバターを摂ると血糖値が上がりにくく、その後の昼食を摂っても、通常よりよい状態の血糖値を維持できたそう。また、最大で12時間も空腹を感じにくくなったという報告まで。

砂糖不使用のアーモンドバターがおすすめ

取り入れるなら、砂糖不使用のアーモンドバターを。カロリーが高いので大さじ1杯くらいを目安にするのが◯。こちらでは、パンに塗るのはもちろん、スムージーに入れたり、ヨーグルトにプラスしたりして食べられています。現在、アメリカで“朝食アーモンドバター”は定番化しつつあり、カフェのメニューにもラインナップ。以前訪れたお店では、アサイーボウルのトッピングにアーモンドバターかプロテインパウダーを選べるようになっていました。

セレブたちが支持するアーモンドバターとは

いろんな会社のアーモンドバターがありますが、なかでもセレブから人気なのが、「Justin’s(ジャスティンズ)」のもの。自宅のキッチンで作ったアーモンドバターをルームメイトに何度も食べられてしまったのをきっかけに、ビジネスを展開。ひとつの瓶からはじまったアーモンドバターの会社は、急成長した食品・飲料会社のトップ15にもランクインするほど人気に。現在では、どこのスーパーでも手軽に買えるほど幅広く展開しています。その人気のひみつは、シンプルな材料で作られているのはもちろん、持ち運び用に手のひらサイズのスクイーズパックも販売していること。旅行先でも手軽に食べられるほか、毎回スプーンですくうのがめんどうという人にも大好評。このサイズなら、お土産にも便利。現在は、カシューなどたくさんのナッツバターが販売されています。ぜひ、アメリカに来た時はスーパーをチェックしてみてください。

 

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

キム・カーダシアン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する