【マヤ暦】8月5日から8月17日は「青い嵐の13日間」どんなことに意識して過ごすべき?

MAI TSURUMOTO

【マヤ暦】8月5日から8月17日は「青い嵐の13日間」どんなことに意識して過ごすべき?

マヤ暦から導き出したハッピーに過ごすためのヒント。マヤ暦ではその日その日のエネルギーは13日ごとに区切られていると考えられています。「どんなことに意識すれば楽しく過ごせるの?」 「お勧めの食べ物は?」 13日ごとにお届けします。

8月5日から8月17日は「青い嵐の13日間」

こんにちは。

マヤ暦アドバイザーの伊藤絵理奈です。

8月5日から8月17日は「青い嵐の13日間」です。青い嵐には「嵐のような変容のエネルギー」「かまどの神」「火の力」などのキーワードがあります。

巻き込む力を利用し、あなたの理想を現実に変えていきましょう!

今の一瞬に全てを費やすことができるくらいエネルギー有り余ってパワフルな13日です!今という時を大切に後悔がないよう、自分の理想へ近づくために行動をおこしてみることをおすすめしますよ。夜寝る時間も惜しんでしまうくらい夢中になることもあるかもしれません。頑張り過ぎて周りが見えなくなってないか、冷静に見てくれる理解者の存在があるとさらに過ごしやすくなります。

また、かまどの神もついてるので、お料理を楽しんだり、美味しい物を食べてエネルギーチャージしましょうね!コミュニケーションを楽しむためにも食卓を囲むことはおすすめです。このパワフルな13日の波に乗って、理想の現実を手に入れてくださいね。

「青い嵐の13日間」におすすめの食べ物はうなぎです。土用の丑の日はもちろんだけど、こんなに毎日暑い日本列島です。スタミナをつけて乗り切らないと、身体が悲鳴をあげてしまいます。うなぎはビタミンA、B1、B2、D、E、亜鉛、カルシウム、DHA、EPAとバランスのとれた栄養素に加え、あのヌメヌメした柔らかい部分は胃腸の粘膜を保護してくれる成分まで入ってるそうです。ありがたい栄養素がたくさんですね。

うなぎを食べて暑ーーい夏パワフルに乗り切りましょうね。

AUTHOR

伊藤絵理奈

伊藤絵理奈

マヤ暦アドバイザー。生年月日からクライアントの本質や家族、周りの人との関係性を紐解く「マヤ暦診断」をはじめとするセッションを行う。「どんな出来事も、あなたが選んで今がある。マヤ暦を知ることで、気づきやヒント、納得することがたくさん見つかるはず」と考え、マヤ暦を通して多くの人のハッピーを後押ししている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する