幸せを呼ぶマヤ暦|7月23日から8月4日は「白い世界の橋渡しの13日間」何を意識して過ごすべき?

MAI TSURUMOTO

幸せを呼ぶマヤ暦|7月23日から8月4日は「白い世界の橋渡しの13日間」何を意識して過ごすべき?

マヤ暦から導き出したハッピーに過ごすためのヒント。マヤ暦ではその日その日のエネルギーは13日ごとに区切られていると考えられています。「どんなことに意識すれば楽しく過ごせるの?」 「お勧めの食べ物は?」 13日ごとにお届けします。

7月23日から8月4日は「白い世界の橋渡しの13日間」

こんにちは。

マヤ暦アドバイザーの伊藤絵理奈です。

7月23日から8月4日は「白い世界の橋渡しの13日間」です。白い世界の橋渡しには「橋渡しの力」「死と再生」「おもてなし」などのキーワードがあります。

執着を手放して相手を思いやるコミュニケーションを楽しみましょう!

コミュニケーション力がある紋章の13日です。

行動範囲を広げコミュニケーションを楽しんでくたさいね。相手のことを考えながら「〇〇さんが好きそう!」「〇〇さんと合いそう」とピンときたら、相手に教えてあげたり紹介したりなど繋ぐ役割も意識してみてください。何よりあなた自身が楽しんでることでエネルギーも拡大していきます。

また、お墓参りやご先祖様へ感謝を伝えることを忘れないでください。自分のルーツである御先祖様との大切なコミュニケーションです。

人、物、コト、自分じゃどうにも出来ないことに対する執着を手放した時、新しい世界が広がりますよ。

おもてなしの心で人と会いコミュニケーションを楽しみましょうね。

白い世界の橋渡しの13日間におすすめの食べ物はスイカです。

夏といえばスイカ!スイカにはビタミンCにリコピン、b-カロテン、浮腫改善の効果があるシトルリン、そして何よりマグネシウムが豊富なんですよ!異常気象とも言える猛暑を乗切るためにも是非スイカは食べて頂きたいおすすめのものです。大人になってあんまり食べないという方も多いようですが、美容にも身体の巡りを良くする栄養素がギュッとつまっているので、食べすぎない程度に楽しんでくださいね。

※食べすぎると冷えちゃうのでご注意!

巡りを良くするスイカを食べて、不必要な思考も手放し大事なものを見失わない「白い世界の橋渡し」の期間にしましょう!

AUTHOR

伊藤絵理奈

伊藤絵理奈

マヤ暦アドバイザー。生年月日からクライアントの本質や家族、周りの人との関係性を紐解く「マヤ暦診断」をはじめとするセッションを行う。「どんな出来事も、あなたが選んで今がある。マヤ暦を知ることで、気づきやヒント、納得することがたくさん見つかるはず」と考え、マヤ暦を通して多くの人のハッピーを後押ししている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する