【手抜きアイデアレシピ】長時間煮込んだ風!ひよこ豆と赤いパプリカのスープ

Chris Hennessey

【手抜きアイデアレシピ】長時間煮込んだ風!ひよこ豆と赤いパプリカのスープ

ヨガジャーナルアメリカ版の人気記事を厳選紹介!

スモークパプリカを加えて長時間煮込んだ風に「ひよこ豆と赤いパプリカのスープ」

みんなに喜ばれるスープをつくるのに何時間もかける必要はない。瓶詰のパプリカを使えば、時間をかけてローストしなくても、長時間ローストした香りを出すことができる。塩レモンかレモンの皮を少し入れるとちょうどよい苦味が加わって土臭さが消える。

【準備時間 10分 トータル時間 20分】

材料(2人分)

●ひよこ豆の缶詰………………………………1缶(430㎖)
●焼き赤パプリカの瓶詰………………………1瓶(350㎖)
●野菜だし(減塩)……………………………1と1/2カップ
●紫玉ねぎ(粗みじん切り)…………………1/2カップ
●にんにく(粗みじん切り)…………………大1かけ
●スモークパプリカ(パウダー)……………小さじ1/2
●シーソルト(海塩)、ブラックペッパー…各小さじ1/4
●エキストラバージンオリーブオイル………大さじ3
●塩レモン(みじん切り)……………………大さじ2
(またはレモンの皮のすりおろし小さじ4と、レモン汁一搾り)
●パクチーまたはパセリ(きざむ)…………大さじ3
●赤唐辛子フレーク(好みで)

つくり方

① Aのひよこ豆と焼き赤パプリカは汁けをきり、さっと水洗いする。Aをブレンダーに入れて攪拌する。ブレンダーの速度を変えずに作動させながら、オリーブオイル大さじ2を混ぜ入れる。

② ❶を中鍋に入れて中火にかけ、蓋をして温める。時々混ぜながら、スープ全体が温まるまで10分ほど火を入れる。

③ 器に取り分け、残りのオリーブオイル大さじ1/2ずつを回しかけ、塩レモンを散らす(またはレモンの皮を散らし、レモン汁を搾る)。パクチーまたはパセリと、好みで赤唐辛子フレークを散らす。

スモークパプリカを加えたひよこ豆と赤いパプリカのスープ
photo by  Chris Hennessey

栄養成分(1人分3/4カップ):
エネルギー502kcal、脂質24g(飽和脂肪酸3g、一価不飽和脂肪酸17g、多価不飽和脂肪酸2g)、炭水化物51g、食物繊維14g、砂糖4g、タンパク質16g、ナトリウム739㎎、コレステロール0㎎

【使用ブレンダー】VITAMIX
ハイパワーのものでなく通常パワーのブレンダーを使う場合は、攪拌する時間が数分長くかかることがある。ハンドミキサーを使ってもいい。

スモークパプリカを加えたひよこ豆と赤いパプリカのスープ
photo by  Chris Hennessey

このレシピはClean Eatingマガジンに掲載されていたもの。Outside+の会員になり、Clean Eating、Vegetarian Times、その他に掲載されている献立や、8,000以上のスーパーフードのレシピにアクセスしよう。詳しくはyogajournal.com/outsideplusまで

by Alexa Weibel
photos by Chris Hennessey
food styling by John Kirkpatrick
translation by YUKO
yoga Journal日本版Vol.80掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

スモークパプリカを加えたひよこ豆と赤いパプリカのスープ
スモークパプリカを加えたひよこ豆と赤いパプリカのスープ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する