「後輩との関係性にモヤモヤしている」後輩との上手な付き合い方って?ゆりやんレトリィバァの回答は

「後輩との関係性にモヤモヤしている」後輩との上手な付き合い方って?ゆりやんレトリィバァの回答は

読者の悩みにゆりやんレトリィバァさんが相談員として回答! 体の悩み、恋愛や結婚、人間関係、コミュニケーションに至るまで、ゆりやんさんならではの視線で相談にお答えします。ポジティブなゆりやんさんの言葉に、きっと元気をもらえるはず!  第8回は、後輩との関係性、その距離感が分からないというお悩みです。

お悩み:「後輩との関係性にモヤモヤしています」

「職場の後輩の『物の言い方』にモヤモヤしてしまいます。確かに正しいことを言っているとは思うけど、角がありすぎるというか…。悪意がないのはわかるのですが、きつい物言いにいつも傷ついたり、不快な気持ちになってしまいます。それとなく、そういう言い方はやめてほしいと伝えたいのですが、悪気が無いのがわかる分、そんなことを伝えてもいいものか?と悩みます。後輩との関係性って、正直、先輩との関係性より難しくて悩んでいます」(20代・女性)

ゆりやん相談員の回答:「先輩だから、と意識せずに接してみたらうまくいくかも」

実は私も昔から後輩、年下の人と話すのが苦手なんです。嫌とかじゃなくて、私は上に姉がいる妹なので、年上の人と話す機会は多かったんですけど、逆に年下の子への接し方、距離感が分からなくて。最近まで赤ちゃんにも「そうなんですか」って敬語を使ってたくらい(笑)。甥っ子と姪っ子が生まれて、やっと子どもに対しての接し方が分かってきました。

ずっと妹だったから、自分がお姉ちゃんの立場にいるのが恥ずかしい部分もあって、学生時代から後輩に対しての接し方が分からなかったんですよね。部活でも先輩に対しては、自分が後輩という立場で接することができるけど、自分が先輩、逆の立場になると緊張しちゃって。「先輩ならこうしなくちゃいけない」とか、気負っていたのかもしれないです。

最近は、後輩ともっと仲良くしたいなという気持ちが芽生えてきたので、積極的に喋ろうとしているんですけど、そのなかで気づいたのは、無理に先輩後輩と意識しない方がいいんだなということ。友だちと喋るような感覚で、先輩だからって偉そうにしたり、先輩面したりする必要もない。だから、注意するようなことも「後輩やから私が言ってあげないと」というよりも、人として、もし友だちやったらどうかなと考えて「こんな風に言うかな」と思ったら言うし、「このくらいの関係性の人やったら別にいいか」と思ったら、わざわざ言わない。仲のいい友だちに直してほしいところがあったら、注意しますよね。それと一緒かなと思います。

ゆりやん

数年前、それこそ3年目くらいまでは私も後輩に対して「私たちが先輩から習ったことを伝えなくちゃちゃいけない」という感じで「注意しなきゃ!」っていう気持ちがあったんです。でも、よく考えたら先輩として後輩を正していくのも大事だけど、それは私のキャラじゃないなって。先輩だから、という気持ちで注意するのは止めようと思ったんです。私は私らしくやっていこう。そう思えるようになりました。

この相談者の方は20代だし、まだ自分のことで一生懸命な時期なのかな。それはめっちゃ分かるんですよ。若手と中堅の間くらいの年齢のときって余裕がなくなるし、自分を飛び越えて先輩と話しているのもちょっと嫌だったりする時期かもしれない。そういうときってあるよなって思います。

だからこそ、また少し時間が経てば、その後輩への印象や関係性も変わるかもしれないし、今はわざわざ波風立てる形で注意しなくてもいいのかなと。先輩として、ではなくて人として、その後輩のことが本気で心配…とかじゃないのだったら、今は逆にいらんことは言わない方がいいのかな。仕事の人間関係だし、友だち関係じゃないんだから。そこは、自分が今「嫌だな」と思っている気持ちと、うまく折り合いを付ける必要があるのかもしれないですけどね。

Text by Mitsue Yoshida
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Kanane Kurahashi(PUNCH)

AUTHOR

ゆりやんレトリィバァ

ゆりやんレトリィバァ

1990年11月1日生まれ。奈良県出身。NSC大阪校を首席で卒業後、ピン芸人として活躍。「第47回NHK上方漫才コンテスト」と「第1回女芸人No.1決定戦 THE W」での優勝をきっかけに注目を集める。2021年3月に開催された「R 1グランプリ2021」にて悲願の初優勝。現在はバラエティ番組のみならず、情報番組「2時45分からはスローでイージーなルーティーンで」(カンテレ)のMCなど幅広く活動中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ゆりやん
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する