ヨギ必見!死ぬまでに行きたいリトリート3選

YJ US

ヨギ必見!死ぬまでに行きたいリトリート3選

YJ EDITOR
YJ EDITOR
2018-04-21

カリフォルニア州スコッツバレーでの集中プログラムから、クリパルでのホリスティックな休暇まで。探しもとめていたヘルシーなバケーションを叶えてくれるリトリートセンターを3つ紹介する。

GW、夏休み、バケーションに出かける予定あり?それなら、ウエルネスの要素も忘れずに取り入れて欲しい。なかなかとれないオフタイム。せっかくだから思い切り楽しみたい。到着したときよりもずっとリラックスした、元気になった、と感じながら帰路につきたい。そのためには、行き先をどこにするのかがとても重要。本格的なスパとリラクセーションルームに始まり、外で日の出を拝みながらヨガをするためのパティオ、それにアーユルヴェーダ式の食事にいたるまで、これから紹介するヨガリトリートセンターは心穏やかに過ごせるだけでなく、あなたのプラクティスをさらに深めるために完璧な場所。さあ、これから紹介する3つの場所を、あなたの「死ぬまでに行きたい場所」リストにぜひ追加して。

1. 休暇の時間、大改革――1440 Multiversityでリトリート

場所:カリフォルニア州スコッツバレー

リトリート
YJ US

1440 Multiversity の「1440」は、1日を分にしたときの数字から取られている。ここはカリフォルニアに広がるレッドウッド(セコイア)の森に抱かれたオープンしたてのラーニングセンター。位置的にはサンタクルーズとシリコンバレーの間になる。このリトリートセンターは、ほかにはない最先端のプログラムを提供してくれる。一般のヨギはもちろん、プロでもプラクティスを深めることができる。精神的にも成長できるはず。ここで過ごしたリラクセーション、リフレッシュのひとときは、きっと一生忘れられない記憶になるだろう。1440 Multiversityで重きがおかれているのは、あなたにとって大事なことについては、中断することなく、たっぷりと時間を取ってエネルギーをそそぐ、ということ。プログラムは信頼できるスタッフによって指導されており、効果の実証されたカリキュラムで裏付けられている。新鮮な空気、健康的な食事、そしてエクササイズがプログラムをバックアップする。もしあなたが自分自身ともっと深くつながることができる場所を探しているなら、ここは完璧だ。人生でもっとも意味ある問いにどう向き合っていったらいいか、それを学び始めるのにうってつけの環境が整っている。しかも、同時にリラックスしたバケーションを楽しむこともできる。ここをクリックしてメーリングリストに登録すると、代金が50ドル(約5300円)オフになるサービスがあるので、ぜひ利用して欲しい。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リトリート
リトリート
リトリート
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する