そしてお散歩は、これからも私の中で続いていく|デンマークお散歩日記・後編【私のウェルビーイング】

Chiaki Okochi

そしてお散歩は、これからも私の中で続いていく|デンマークお散歩日記・後編【私のウェルビーイング】

デンマークでの暮らしを通して私なりに感じた”ささやかな幸せ”について綴る連載、第6回目は、お散歩にまつわるエピソードの後編をお届けいたします。デンマークでの暮らしは”お散歩に始まりお散歩に終わった”そんな気さえもする体験でした。

お散歩がきっかけとなった偶然の出会い

前編の記事にてご紹介した、陶器工場での思わぬ出会い。その後、そこで知り合った女性にお礼のメールを送りました。すると、「あまりに突然の出会いであることはわかっているけれど、まずは娘に会ってみて、もしあなたに時間と興味があれば、日本語を教えてもらえませんか?」という内容がとてつもなく丁寧に長文で送られてきました。

私はまさかの機会にワクワクして快諾したものの「本当にできるだろうか?」と不安もよぎります。けれども、次の返信には「最初に会う時には、一緒にお散歩に行くのはどうでしょう?」と書かれていました。私は「初めましての機会に、なんて素敵な提案なんだ!」と、さっきまでの不安が吹き飛びました。そして私たちは、お互いの状況が落ち着いたら会う約束をしたのです。

学校の裏手にある遊歩道
学校の裏手にある遊歩道

新しい学校にて

ようやくロックダウンが段階的に解除され、2つ目の学校が始まります。前の学校に比べて年齢層が若く、20代前半のデンマーク人が多い印象です。その中で、入学してまだソワソワしている私を、ルームメイトがお散歩に誘ってくれました。

学校の裏手がすぐ森になっていて、少し歩くと渓谷に繋がっています。まだ話したことのない友人たち4人で、学校に来る前までのこと、デンマークでイケてるファッションブランドのことなど、歩きながらおしゃべりをしました。他愛のない会話があんなにも温かく、そして嬉しかったことを今でも覚えています。

またとある日には、夕食後に先生と生徒たちでお散歩に出かけ、夕暮れを眺めながら歌った日もありました。

夕暮れ時の眺め
夕暮れ時の眺め

AUTHOR

大河内千晶

大河内千晶

1988年愛知県名古屋市生まれ。大学ではコンテンポラリーダンスを専攻。都内でファッションブランド、デザイン関連の展覧会を行う文化施設にておよそ10年勤務。2020年8月より約1年デンマークに留学・滞在。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

学校の裏手にある遊歩道
夕暮れ時の眺め
お散歩の途中で摘んだ花たち
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する