牡牛座1/3~1/17の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

牡牛座1/3~1/17の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2022-01-03

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

牡牛座 5/15 – 6/14

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

牡牛座
牡牛座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

1月3日は射手座で新月を迎えます。ナクシャトラ(※1)はプールヴァ・アシャーダー(※2)、シンボルは象の牙、水の神様であるアパスが支配するナクシャトラ、人々を鼓舞し、感情に訴えかけることを得意とします。完全主義者であり、名誉やプライドを重んじると同時に、親切で面倒見も良いため周囲から信頼を得られます。2022年最初の新月ということで、目標に向かって力強く歩んでいく勢いが感じられます。

1月14日はマカラサンクランティ、太陽が山羊座へ入室するインドの新年です。

3日の新月は、牡牛座のあなたにとっては、オカルトや研究、探究をあらわすハウスで起こります。年末から考えてきたこと、気になってきたことについて深く掘り下げてみるといいでしょう。集中して取り組んでいくのにいい時ですので読みたかった本を読んだり、文章を書いたりしてみるとどんどん深まっていきそう。

14日太陽は山羊座へ、16日には火星が射手座へ、取り組んでいくテーマが変わる可能性があり、興味の方向が今までとは違ってくる可能性があります。仕事でも新たな役目に取り組むことになったり、部署が変わるといった変化が訪れそう。2022年は新たな学びや探求へ導かれて、それが仕事に繋がっていきそうな過渡期ともいえる年回りになりそうです。

恋愛に関しては、精神的な方向性が似ている人との出逢いがありそうです。好きな本や思想的な方向性などお互いに話してみるといいでしょう。交際中のあなたは新年の挨拶のために実家へ顔を出してみると進展していけそうです。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(プールヴァ・アシャーダー):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は金星、明確な主義主張を持ち、人々を扇動する力強いナクシャトラです。

AUTHOR

吉野まゆ

吉野まゆ

インド占星術師。2004年よりインド占星術を学び始め、研鑽を続けている。インド占星術による個人鑑定やインド占星術基礎講座、ホロスコープ読みの講座などを開催。2018年からはインドの暦パンチャンガ手帳の制作販売を行っている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

牡牛座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する