牡羊座12/4~12/18の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

牡羊座12/4~12/18の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2021-12-04

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

牡羊座 4/14 – 5/14

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

牡羊座
牡羊座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

12月4日は蠍座で新月を迎えます。ナクシャトラ(※1)はジェーシュター(※2)、神々の長であるインドラが支配し、パワフルでプライドが高いナクシャトラ、シンボルは丸い輪っかのイアリング。年長者、創設者や陰の実力者といった意味合いもあります。物質世界から精神世界へと変容を遂げ始める位置にあるナクシャトラであり、神経質で敏感な側面があります。日本では観測出来ませんがこの新月は日蝕であり、昨年2020年に続きジェーシュターで起きる日蝕、2022年に向けての大きな変容がもたらされそうな新月です。

4日の新月は、牡羊座のあなたにとっては不可抗力や抗えない変化をあらわすハウスで起こります。人との関わりにおいて疑念が沸き上がったり、警戒心が高まってくる予感があります。あなた自身相手に対して考えすぎてしまう傾向がありますので注意してください。ただ、警戒することで危険を回避することになりますので悪いことばかりではないでしょう。

5日に火星が蠍座へ、8日に金星が山羊座へ、10日に水星が射手座へ移動しますので、年末にかけて雨降って地が固まるというように、思わぬことに巻き込まれて足元掬われてしまうこともありそうですが、きちんと対処していくことで2022年に向けての良い流れが出てくるでしょう。特に仕事に関しては年末にかけて落ち着いてきそうです。

恋愛に関しては、関係が深まっていきそうな時期ですが、相手のことを深く知ることが先決ともいえます。生涯をともにするような相手なのかどうか見極めるシビアな視点が大事です。フリーのあなたは新たな場所に出向くことで良い出逢いがありそう。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(ジェーシュター):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は水星、知性や理性と精神性を併せ持つ深淵なナクシャトラです。

AUTHOR

吉野まゆ

吉野まゆ

インド占星術師。2004年よりインド占星術を学び始め、研鑽を続けている。インド占星術による個人鑑定やインド占星術基礎講座、ホロスコープ読みの講座などを開催。2018年からはインドの暦パンチャンガ手帳の制作販売を行っている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

牡羊座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する