【炊き込まない栗ごはん】混ぜるだけで作れる秋の味覚『むき甘栗と塩昆布のおにぎり』

Nao Yamada

【炊き込まない栗ごはん】混ぜるだけで作れる秋の味覚『むき甘栗と塩昆布のおにぎり』

山田直
山田直
2021-11-10

頑張って早起きしてヨガをして、心身がスッキリした気持ちの良い朝に食べたい、目にも嬉しい朝ごはん。そのレシピと、最低限の労力で楽しく作るためのヒントをご紹介します。

栗ごはんがおいしい季節。でも皮むきが面倒で自分で作るのはちょっと、という方多いですよね。 そこで今回は、市販のむき甘栗を使った、混ぜるだけの簡単の栗おにぎりをご紹介します。ご飯があればさっとできるので、朝食にぴったりのメニューです。

100均でも有機でたっぷり。ダイソーの「むき甘栗」

今回使ったむき甘栗はダイソーの「有機栽培栗100% こだわりのむき甘栗 無選別120g」。甘味も食感もなかなかで、おやつがわりに重宝します。

むき栗
今回使ったむき甘栗はダイソーの「有機栽培栗100% こだわりのむき甘栗 無選別120g」
photo by  Nao Yamada

無選別タイプは色や形がばらばらですが、120gも入っててコスパも最高。有機JAS認定も付いていて無添加。安全に気を使っているのが伝わってきます。これを使っておにぎりにしていきます。

むき栗
むき甘栗

むき甘栗と塩昆布のおにぎり

塩昆布の塩気が栗の甘さを引き立てるおにぎりです。

材料(1人分)

  • むき甘栗……30g
  • 雑穀ごはん(白米でもOK)……90g
  • 塩昆布……2~3g
むき栗
材料

作り方

  1. むき甘栗の3分の1(10g)程度をスプーンで粗くつぶし、つなぎにします。大きな粒の栗は半分にし、塩昆布も食べやすい大きさにカットします。
  2. ごはんと1を混ぜ合わせ、60gくらいずつの食べやすい形のおにぎりにしてできあがり。おにぎりにせずにそのまま食べてもOK。

お弁当やおやつにも最適

混ぜるだけでさっと作れる甘栗のおにぎりは、朝食やお弁当のボリュームアップに最適。また塩昆布を入れた甘じょっぱい味は、おはぎ感覚でおやつにもなります。秋に取り入れると良い自然の甘味の栗料理。自分で作れるときは作り、時には市販のものの力を借り、そんな自分にもOKを出しながら快適な秋を過ごしましょう。

AUTHOR

山田直

山田直

ヨガ講師・自然食料理人。福岡県出身。写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。後に、湘南のオーガニックレストランにてキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさ、味わいの違いに深く感動。学びを深める。現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、ワークショップにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。全米ヨガアライアンスRYT200認定ヨガ教師/クシマクロビオティックLevel2修了/ヒツジナヨガ主宰

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

むき栗
むき栗
むき栗
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する