Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(みずがめ座)/4月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(みずがめ座)/4月の運勢

Saya
Saya
2021-04-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

みずがめ座/4月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

4/4に思考や伝達の星・水星が「環境や伝達」の領域に入ると、ここには太陽や愛と美の星・金星もあり、「伝える」ことがテーマに。新しい環境であるほど、可能性も大きいとき。ここでの新月が4/12にあり、それ以降は要領もつかめてきそう。次に、4/15に金星が、4/19に水星が、4/20に太陽が「居場所」の領域に入ります。ただ、ここには自立や変革の星・天王星も滞在しているので、こうなるだろうと思っていると予測をひっくり返されるというように、アクシデントも多くなるかもしれません。4/23以降は行動や戦いの星・火星が「ルーティンワークや日常生活」の領域に。バタバタした状態の中でいつも以上に細部まで気を配っていくことが大切になるとき。4/27の「キャリアやライフワーク」の領域での満月頃は周囲をコントロールするようなカリスマ性を発揮できるかも。

WORKS

職場で広報やSNS担当をまかされたり、営業など外部との関わりが増えたり、ネットワークを作り、人と人とを結んでいくことが急務となりそう。頭上には現実化とルールの星・土星、拡大と保護の星・木星も滞在し、4/23までは火星も「恋愛や創造」の領域に。責任もあるものの、チャンスも多く、やり甲斐と楽しさを持って進んでいけそう。成果を求められるときでもあり、戦略は立てて。

FOR MINDFULLNESS

息つく間もないほど多忙なイメージがあるのがこの4月です。周囲には大勢の人がいて、あなたを盛り立ててくれます。反面、判断を求められる場面も多く、実力以上のものを出さないといけないようでプレッシャーも。呼吸が浅くなりそうなので、仕事の合間に5分くらいでいいので、深い呼吸を意識してみて。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。現在は、京都に拠点を置き、夫と二人暮らし。晴耕雨読の日々を送る。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が10月5日に発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する