獅子座 2/12~2/26の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

獅子座 2/12~2/26の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2021-02-12

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

獅子座 8/17 – 9/16

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

獅子座
獅子座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

2月12日は山羊座で新月を迎えます。ナクシャトラ(※1)はダニシュター(※2)、シンボルは太鼓とフルート、音楽や芸術と関わるナクシャトラ、リズミカルであり、オーケストラのような調和といった意味合いがあります。支配神はヴァース神で、「有能さ」「善良性」「豊かさ」といった質を持ちます。宝石、貴金属などの高級なものを象徴し、多種多様な情報を収集し、惜しみなく伝えていくような寛容さがあります。この新月は山羊座に6惑星が集中するという山羊座が際立つ新月図、現実に根ざすとともに変化の兆しが感じられる、春に向かって地中で蠢くようなエネルギーが感じられます。

12日の新月は、獅子座のあなたにとっては癒しや労働、社会での役目や義務をあらわすハウスで起きます。仕事において一皮むけるようなタイミングになりそう。営業で目標数字を達成する、振られた仕事をやり遂げる、など、限界を突破していくかの勢いが感じられます。あきらめてしまわないで最後まで粘ることが大事になってくる時です。

山羊座に惑星集中するこの時期、新たな目標を設定してここからが始まり、という区切りにするのもいいでしょう。目標は具体的であるほうがいいですね、たとえ趣味の一環だったとしても仕事として行うという心持でいくといいでしょう。

恋愛に関しては、人に対して寛容になりにくい時。粗が見えてきてひとこと言いたくなってしまったり、言い過ぎてしまったりしそう。交際中のあなたはしばらく距離を置いてみる方が無難かもしれません。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(ダニシュター):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は火星、アクティブであり芸術や音楽を好む、自由闊達なナクシャトラです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

獅子座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する