蟹座 1/13~1/28の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

蟹座 1/13~1/28の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2021-01-13

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

蟹座 7/17 – 8/16

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

蟹座
蟹座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

1月13日は射手座で新月を迎えます。ナクシャトラ(※1)はウッタラアーシャダー(※2)、シンボルはベッドの板、固くて冷たい板のベッドは修行者が休む場、深い慈愛と人道主義的な思想を象徴します。従順、素直、徳が高く、感謝の気持ちを持ち、多くの人に好かれる善良な質です。高尚な目的、真実へと向かう意志、明朗さ、永続性や耐久力を備えたナクシャトラです。新たな始まりを象徴し、目標に向かって努力を積み重ねていく原動力に。1月14日はマカラサンクランティ、太陽が山羊座へ入室、インドの新年です。

13日の新月は、蟹座のあなたにとって癒しや労働、社会での役目や義務をあらわすハウスで起こります。年始から忙しかったあなたにとっては、ほっと一息入れられそうなタイミング、気持ちを癒し整えていくよう、熱いお茶を入れてくつろぎましょう。一息入れたらまた仕事、というようにちょっと慌ただしい時かもしれません。

新月後の14日太陽は山羊座へ、周りの人たちがあなたに対して協力してくれたり、アドバイスしてくれるでしょう。得意なことはあなたが引き受けていくなど上手に協力体制を築いていくとビジネスパートナーのような強い関係性へと発展していくでしょう。2021年はパートナーシップがキーとなります!

恋愛に関しては、見直し期、パートナーシップに関して立ち止まって考えてみるといいでしょう。この人でいいのか、ここで終わった方がいいのか、進展させるべきかなどなど。新たな出逢いも期待できる時ですので新旧交代といった流れになる方もいらっしゃるでしょう。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(ウッタラアーシャダー):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は太陽、慈愛の心と善良な質を持つナクシャトラです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

蟹座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する