牡牛座 1/13~1/28の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

牡牛座 1/13~1/28の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2021-01-13

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

牡牛座 5/15 – 6/14

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

牡牛座
牡牛座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

 1月13日は射手座で新月を迎えます。ナクシャトラ(※1)はウッタラアーシャダー(※2)、シンボルはベッドの板、固くて冷たい板のベッドは修行者が休む場、深い慈愛と人道主義的な思想を象徴します。従順、素直、徳が高く、感謝の気持ちを持ち、多くの人に好かれる善良な質です。高尚な目的、真実へと向かう意志、明朗さ、永続性や耐久力を備えたナクシャトラです。新たな始まりを象徴し、目標に向かって努力を積み重ねていく原動力に。1月14日はマカラサンクランティ、太陽が山羊座へ入室、インドの新年です。

13日の新月は、牡牛座のあなたにとっては、思いがけない変化や棚ぼた、自身の変容をあらわすハウスで起こります。かつての知り合いに再会したり、コミュニケーションが再燃したりなど予測しなかった展開へ向かいそう。SNSを駆使して積極的にコミュニケーションをはかりましょう。新月後の14日太陽は山羊座へ、仕事では部署の変化や新たな役目、立ち位置が変わるなど何らかの変動がありそう。不本意な移動の可能性もありますが、新たな学びの機会が与えられたと思って取り組んでみましょう。後々、自身の成長のきっかけになったなぁって思える時が来るはず。2021年は学びや探求がテーマ、それが仕事と直結することもあり、もっと広く自己啓発や自身の生き様を形成していくこともありそうです。

恋愛に関しては、ネット上での出逢いの可能性がありそう。婚活中の方は気になる人がいたら躊躇なくコミュニケーションをとってみるといいでしょう。交際中のあなたはお互いの家を行き来してみると今まで知らなかった相手の新たな側面に触れられるでしょう。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(ウッタラアーシャダー):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は太陽、慈愛の心と善良な質を持つナクシャトラです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

牡牛座
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する