マインドフルネスのツールにも。新時代のジェンダーニュートラルフレグランス「エルメティカ」

エルメティカ

マインドフルネスのツールにも。新時代のジェンダーニュートラルフレグランス「エルメティカ」

横山正美
横山正美
2020-04-28

香りの世界にも、環境や人への影響を重視した作品が続々登場している今。“グリーンケミストリー”という新たなアプローチで世界中の注目を集めるのが「エルメティカ」だ。

「香りの慣習」を打ち破る画期的なフレングランス

「最近は香りにも肌への安全性を求めたり、環境への影響を重視する人が増えています。そのため、私たちは持てるクリエイティヴィティの全てを駆使して、香りの世界の慣習にチャレンジしました。」と仏美容業界紙のインターナショナル版にこう語るのは、「エルメティカ」のファウンダーのクララ・モロイ。彼女と夫のジョンの二人により、2018年にフランスでデビューした「エルメティカ」は、これまでの香りの慣習を打ち破る画期的な手法で、昨今の“クリーンビューティ”ムーブメントの波に乗り、デビュー以来世界中のフレグランスコレクターの人気をさらっている。

エルメティカ
これまでにない斬新なアプローチで世界中を魅了する香りのクリエイター、クララ(左)とプレジデント、ジョン・モロイ(右)

その画期的な手法の一つが、アルコールフリーであること。通常のフレグランスに処方されているこのアルコールを使用せず、肌の乾燥を防ぎながら液体の透明性を保ち、かつ香りの持続性を実現しているのだ。さらに、グリーンの美しいボトルはカーボンフットプリントを減らすため、生産現地で調達するリサイクルガラス製。そして香り自体も、再生可能な原料を採用する“グリーンケミストリー”手法にならって創られている。もちろん動物実験も行わない。

「エルメティカ 」の香りは4カテゴリー全15種類で構成されている。まず「エルメティカ 」を体現する香り「ソース1 オーデパルファム」。パフューマー(調香師)にアリエノール・マスネを迎えて製作されたこの香りは、ブランドのすべてのフレグランスのベースであり、これ単体でも、他のラインと一緒にまとっても楽しめる設計になっている。ベルガモット、ドライアンバー、そしてフレッシュウッド モレキュールが渾然一体となって織りなす、モダンな温かみのある香りが魅力だ。

エルメティカ
(左)エルメティカ ソース 1 オーデパルファム 50ml 17,000 円(税抜) 100ml 24,000 円 (税抜)(右)エルメティカ マルチロータス オーデパルファム 50ml 15,000 円(税抜) 100ml 21,000 円 (税抜) 問い合わせ先:インターモード川辺 フレグランス本部 : 0120-000-599

この「ソース1 オーデパルファム」を中心に、ローズファイア、マルチロータス、メガフラワーで構成された「ドライ ウォーターズ」。ジェイド888、スパイスエア、グリーンライオンで構成された「エメラルド ステアウェイズ」。シダライズ、サンダルサン、パチョライト、ダークウードで構成された「ザ ドア」、そしてアンバービー、バニナイト、ヴァーティカルウード、レッドムーンで構成された「ヴァーティカル アンバーズ」の4カテゴリー全15種の香りが揃う。特に神からの贈り物として崇拝されているロータスフラワーのスピリチュアリティに着想したマルチロータスの香りは、自分への意識を深めてくれるマインドフルネスにも有効なツールとなりそうだ。

ライター/横山正美
ビューティエディター/ライター/翻訳。「流行通信」の美容編集を経てフリーに。外資系化粧品会社の翻訳を手がける傍ら、「VOGUE JAPAN」「etRouge」(日経BP)「NikkeiLUXE」等のメディアでセレブリティインタビューを始めビューティ関連の執筆活動中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

エルメティカ
エルメティカ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する