8月21日から9月2日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

MAI TSURUMOTO

8月21日から9月2日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

湯浅香子
湯浅香子
2019-08-21

マヤ暦から導き出したハッピーに過ごすためのヒント。マヤ暦では、その日その日のエネルギーは13日ごとに区切られていると考えられています。「どんなことに意識すれば楽しく過ごせるの?」「おすすめのヨガポーズは?」13日ごとにお届けします!

8月21日から9月2日までの13日間は黄色い太陽の13日間

昨日までの青い手の13日間はいかがでしたか?癒しのエネルギーを発揮することはできましたか? いよいよ第一の城(種まきの52日間)も最後の13日間になりました。しっかり種を蒔き実り多い260日となりますように! 

今日8月21日から9月2日までの13日間は黄色い太陽の13日間です。

ハッピーを呼び込むマヤ暦
Illustrarion by MAI TSURUMOTO

黄色い太陽のキーワードには、普遍的な火・照らす・啓発する・円満、円熟、太陽の力 などがあります。

太陽は誰に対しても平等で公平です。この期間は一貫性を持ち分け隔てなく回りの方に接してみましょう。そして無条件の愛を注いでみましょう。この期間は正々堂々と生きること。お陰様の精神を忘れずにいることが大切なポイントです。まずはあなた自身が太陽のように人々を明るく照らしてあげられるといいですね。

黄色い太陽の13日間はなるべく朝日を浴びて日中に活動されることをおすすめいたします。早寝早起きは三文の徳ですよ!

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ハッピーを呼び込むマヤ暦
牛の顔のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する