上達度にも違いあり?!ヨガ専用ウェアを着用すべき理由とは

Getty Images

上達度にも違いあり?!ヨガ専用ウェアを着用すべき理由とは

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-06-12

ヨガは「動きやすい格好」であれば、どんな服装であっても楽しめることは確かです。しかしヨガに適したウェアを着ることで、よりヨガに集中することができます。専用のウェアは少しお値段も張るし手が出しづらい…と思っている方も多いと思いますが、下着は? Tシャツは? ズボンは? どんなアイテムがヨガに適しているのかを、今一度考えてみましょう!

ブラジャーは動きの妨げになることも

なるべく洗濯物も増やしたくないし、更衣室で下着まで着替えるのは恥ずかしい、などの理由で、日常生活で着用しているブラジャーでヨガを行っている方も多いでしょう。もちろんそれでもヨガをできなくもないのですが、スポーツ専用のスポブラやブラトップを着用することをお勧めします。特にワイヤーが入ったブラジャーは、腕の上げ下げ等でワイヤーの位置がずれてしまったり、汗でぬれた状態で皮膚とこすれることで、汗疹やかゆみの原因になることもあります。タイトなブラジャーで激しい運動をすることで、皮膚が擦れて切れてしまうこともあるでしょう。スポーツ専用のブラジャーであれば、伸縮性のあるゴムや生地で胸全体を包み込み、程よくホールドしてくれるので、皮膚だけでなく胸にも優しいです。

Tシャツは、逆転のポーズの妨げに…

あなたは、Tシャツでダウンドッグをしたことはありますか?丈の短いTシャツは、ダウンドッグや逆転のポーズの時にお腹が出てしまい、それを気にすることで集中力の妨げになります。また、Tシャツの裾を何度もスボンにしまい直したりしていると、気持ちよく&大きくポーズをとることができなくなってしまうので、あまりお勧めできません。上着の裾がめくれないタイトな上着が、動きやすく練習に集中できるでしょう。

また、襟ぐりが緩めのTシャツも、ダウンドッグをした際に顔周りに襟ぐりがかぶさってくるので、集中をそぎます。伸縮性のある素材で、体にピタッとフィットする上着を選びましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する