6月3日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

MAI TSURUMOTO

6月3日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

湯浅香子
湯浅香子
2019-05-26

マヤ暦から導き出したハッピーに過ごすためのヒント。マヤ暦では、その日その日のエネルギーは13日ごとに区切られていると考えられています。「どんなことに意識すれば楽しく過ごせるの?」「おすすめのヨガポーズは?」13日ごとにお届けします!

6月3日までは「赤い月の13日間」

マヤ暦
Illustration by MAI TSURUMOTO

赤い月には水の力、普遍的な、清める、流れ、浄化、新しい流れなどのキーワードがあります。自分自身に目を向け、大切なものは何かを見出していきましょう。5月22日から7月12日までの52日間は、第5の城となります。第5の城はマトリックスと言われており、260日間における感動のクライマックス、フィナーレの期間となります。第1の城から第4の城まで過ごしてきた日々を振り返り、刈り入れたものを整理して次の第1の城のスタートに備える期間となります。この52日間は本来の自分を取り戻し、森羅万象全ての事に愛と感謝の気持ちをもって過ごすことがポイントです。「赤い月の13日間」はあなただけにしか出来ない使命役割、ミッションをもう一度明確にしてそれに徹すること、浄化や改革など新しい流れを作り出すことにも意識をむけてみてくださいね。

Illustration by MAI TSURUMOTO

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マヤ暦
舟のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する