己と向き合い邁進!インド聖地巡礼の旅

Meghan Rabbitt

己と向き合い邁進!インド聖地巡礼の旅

ガンジス川の源流にある聖地ゴームクへの巡礼の旅。ヒマラヤの山道を旅するなかで、人や文化、エネルギーに触れ、人々が巡礼をする意味を知ると同時に、自分がなぜここに来たのかにも気づく。巡礼は人生そのものなのだ。

神秘の川ガンジスの源流にある聖地ゴームクへの道のりは、ヨガの教えの理解を深めてくれた。私たち一行は、ガンゴートリー村で朝食をたっぷり食べた後、聖なるガンジス川の源頭部を目指して岩だらけの急な山道を歩き出した。1分もしないうちに、私は朝食を山のように盛ったことを悔やんだ。標高3000メートルの地点で登山口に向かって歩くだけですでに息切れしていたのに、さらに今はふくれたお腹と空気の薄さと戦いながら、これから3日間で45キロを歩き、750メートルも登ろうとしていた。
私は不安になって、ガイドのサンデーシュ・シンを見た。身のこなしのしなやかな42歳のシンは大きく微笑んで、熟練ハイカーとはいえインドは初めての私を安心させようとした。シンは、世界中から訪れる巡礼者たちと共にこの山道を20回以上歩いている。私たちはおしゃべりで体力を消耗しないように黙々と歩いた。ただひとりシンだけが、多くのヒンズー教徒がこの巡礼に訪れる理由を熱心に話していた。

「ガンジス川はただの川じゃない。ガンガーという女神なんだ」とシンは言い、なぜガンジスがヒンズー伝承の中で最も崇拝され、聖なる川であるかを説明し始めた。

Story and photos by Meghan Rabbitt
Translation by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.53掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リシケーシュを流れるガンガー
インド旅
ガンゴートリーの寺院
インド旅
ゴームクの祠
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する