アップルやGoogleなどの先進企業が採用!「マインドフルネス」ってどんなメソッド?

Shoko Matsuhashi

アップルやGoogleなどの先進企業が採用!「マインドフルネス」ってどんなメソッド?

今この瞬間の感覚や感情に気付き、「良い」「悪い」という判断をせずに観察し続けるメソッド。わかりやすく言うと「心ここにあらず」の状態から「ハッと我に返り、今に気付き続ける」訓練がマインドフルネスです。

Q.マインドフルネスってどんなメソッド?

A:瞑想の宗教的な部分を排除した精神トレーニング

マインドフルネスとは、悟りを開くといった瞑想の宗教性を排除した精神コントロールの手法です。やり方としては「心ここにあらず」の状態から、「今ここ」に意識を向け続け、わき上がる雑念や感情に気付き続けるという訓練です。ポイントは、わいてくる雑念や思考を否定するのではなく、気付き、そして良い悪いの判断をせずにそのまま受け流すこと。

マインドフルネスの効果

感覚や感情に気付き続け、無意識を意識化できるようになると、脳が筋トレをするように考え方の癖が改善し、メンタルが強化。不安や怒りに振り回されず、冷静で静かな心を持つことができるようになります。

たとえば顔がかゆいとき…

無意識にかくのはマインドレスな状態。かゆいという感覚と、かいている指先の感覚に気付いている状態がマインドフルネスです。

OK:意識を持って顔をかいている 

顔がかゆいとき
OKの顔のかきかた/Photo by Shoko Matsuhashi

 

NG:無意識に顔をかいている 

顔がかゆいとき
NGの顔のかきかた/Photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Illustrations by Yoko Toyama
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

脳の構造
顔がかゆいとき
顔がかゆいとき
マインドフルネスを深める方法
マインドフルネスを深める方法
エアコン
水
思考にラベリング
雑念をノートに書きだす
書き出した感情を眺める
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する