ゴートヨガ(ヤギヨガ)がアメリカで大人気の理由|普通のヨガと何がどのぐらい違うの?

Goat Yoga

ゴートヨガ(ヤギヨガ)がアメリカで大人気の理由|普通のヨガと何がどのぐらい違うの?

小山陽子
小山陽子
2018-11-17

忙しい毎日でストレスを抱えている人も多いはず。そんななか、アメリカではヤギの赤ちゃんと一緒に行うヨガ「ゴートヨガ(ヤギヨガ)」が大人気です。通常のヨガとは違う、ゴートヨガ(ヤギヨガ)の魅力とは?

ヤギの可愛さでヨガの癒し効果が高まる!

アメリカ・オレゴン州から始まり、現在ではニューヨークやカリフォルニア、ミシガン、イリノイなど、アメリカ各地で行われているのが「ゴートヨガ(ヤギヨガ)」。その名の通り、放し飼いの赤ちゃんヤギがいるスペースにヨガマットをしき、そこでヨガを行うというものです。

ゴートヨガのあとはストレスを抱えた人も笑顔になれる

考案者のLucyによると、ヤギと触れ合うと、普段の仕事でたまった深いストレスが解放されるのを感じ、その心地よさをシェアするために、ゴートヨガ(ヤギヨガ)が生まれたそう。ヤギの赤ちゃんは想像以上に人懐っこく、こちらから何もしなくても近寄ってきます。例えば、猫のポーズをとっていると、ぴょんとジャンプして背中にのってきたり、髪の毛をむしゃむしゃ食べようとしてきたり。たまに、ヨガマットにうんちをしてしまうこともあるけれど、そのかわいさにみんなが笑顔になるのがヤギヨガの魅力。クラスの後には、誰もがストレスから解放されているとか。ヤギヨガは、1回50ドルで各地の農場で行われています。チケット代には、30〜45分のヤギヨガと、30〜45分の農場散策などが含まれ、ヨガレッスン自体の所要時間は2時間程度だそう。アメリカ各地で頻繁に行われているので、下記URLからスケジュールをチェックして。旅行の日程に合うならぜひ体験を!

https://sfbay.goatyoga.net/

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する