ケイティ・ペリー、過酷な世界ツアーを乗りきれたのはヨガのおかげ?

Getty Images

ケイティ・ペリー、過酷な世界ツアーを乗りきれたのはヨガのおかげ?

YOKO NAGASAKA
YOKO NAGASAKA
2018-08-10

昨年9月にワールドツアー「ウィットネス」をスタートして以来、世界中を周ってきたケイティ・ペリー。今月末のツアーのフィナーレまでで、なんと公演数は100以上! このタフなスケジュールを乗り切るのにはヨガが大きな助けになったと話している。

ヨガとデジタルデトックスをルーティンに

最近のインタビューで、ツアー期間を精神的・肉体的に乗り切る方法について聞かれたケイティ・ペリー。エネルギーの源は「食べること、エクササイズすること、そして休むこと」だと語っている。「私はルーティーンが好きなの。毎日がルーティーン通りにならないととても気分が良くないのよね。1日1日が公演のための準備。睡眠は私にとってとても大切なの。毎日8時間から9時間は眠るわね。実際10時間くらい眠るときもある」のだそう。もちろん、食生活も重要。「1日に4回、もしくは4回半食事をするわ。食間を開けないようにしているの」。ツアーのときには、砂糖なし&乳製品なしの食生活を送っているとか。そして精神的にエネルギーをキープする方法としてあげているのがヨガとメディテーション「起きたらすぐに1時間ヨガをするわ」「メディテーションは夕方にするの。4時半から5時までがメディテーションの時間よ」。心を休めるためにあえてSNSやネットから離れる時間も取っているというケイティ。「私たちはみんなデバイス--携帯電話やコンピューターにつながっているけれど、瞑想は現実から私たちを切り離してくれると思う」。ちなみにケイティの今年の豊富は「週に一度は携帯電話の電源をオフにして過ごすこと」なのだそう。
携帯電話やネットから離れるのは難しいけれど意識的に離れてみるのも心の休息になるはず。ケイティみたいにエネルギッシュな毎日を送るために、あえて情報をシャットアウトしてみる。夏休みに1日トライしてみるのはどう?

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する