ヨガ中のショーツ、何を選ぶのが正解?パンティラインが気になる人のためのアドバイス

Getty Images

ヨガ中のショーツ、何を選ぶのが正解?パンティラインが気になる人のためのアドバイス

おしゃれなウェアを着てヨガしたい!でも、おしゃれウェアのレギンスはぴたっとフィットするタイプのデザインが多いですよね。レギンスを履いたとき、パンティラインが透けているような気がしてポーズが集中できない…そんな悩みを抱えている人は意外と少なくないようです。レギンスの下に履くおすすめの下着って?ヨガインストラクターに聞いてみました!

解決策1.縫い目が少ないヨガ用ショーツを履く

a
(Photo by Kenji Yamada)

「スリアの『シームレスヨガショーツ』は縫い目が少なくレギンスでもラインが目立ちません。Tバックタイプの『ヨガタンガ』もおすすめ」(ヨガインストラクター・仁平美香さん)

解決策2.アウターに響きにくいレースタイプのショーツを履く

レース ショーツ
(Photo by Getty Images)

「レースを贅沢に使った海外製のショーツ(ハンキーパンキーなど)がお気に入り。締め付けが少なく動きを邪魔しません。通販でも買えますよ」(ヨガインストラクター・中村優希さん)

解決策3.ショーツは履かない

ヨガジャーナルアメリカ版では「ヨガ中下着をつける?つけない?」についての真面目な議論も。ラインが気になってポーズに集中できないぐらいなら、思い切ってノーパンもあり!?かもしれません。

 

 

Photos by Kenji Yamada
Text by Ai Kitabayashi Minako Noguchi
yoga Journal日本版vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

a
レース ショーツ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する