Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(やぎ座)/8月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(やぎ座)/8月の運勢

Saya
Saya
2022-08-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わりはじめます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

やぎ座/8月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

8月4日に思考や伝達の星・水星が「ステップアップ」の領域へ。今後のスケジュールについて、プランするのに適したときです。23日には太陽もここに入り、27日には新月もあるので、それまでに詳細なプランを詰めていって。

12日には守護星の現実化とルールの星・土星とともに、「経済や豊かさ」の領域で満月があります。土星は足かけ3年ここにありますが、新たな課題が見えてくるとき。もっと前に見えていた課題については改善を重ねてきて、成果はある程度、形となっているはず。またこの日には愛と美の星・金星が「潜在意識」の領域に入ることもあり、今度は逆に自分らしさを出したいという欲が出てくるかも。外側の枠ができて、そこに魂を入れるような感覚です。

9月20日に火星が「ルーティンワークや日常生活」の領域に入ると、2023年3月25日まで、ここに滞在します。日々の仕事や生活ではライバルと競ってしまうようこともあるかもしれません。たとえば、あなたより出世していたり、認められたり、人気があったりする同期が気になってたまらないことも。

WORKS

数字に関して、結果を出さなくてはいけないプレッシャーが強くなりそう。そのために同期とのライバル心も生まれてしまいますし、本当は仲よくしたい人でも、その人のほうが評価されて、焦ってしまうことも、自分の不器用さに疲れてしまうこともあるでしょう。視野が狭くなり、近視眼的にならないように、たくさんの人の話を聞くなど、頭を切り替えていくとよさそうです。とくに10日頃はジェラシーを感じるかも。

FOR MINDFULLNESS

仕事が忙しいために、自分のプライベートがなくなっていく感覚があるかも。そのため、12日以降は、とことん自分の感性にこだわっていくといいでしょう。自分のわがままを聞いてくれる優しい人がいると、なおいいでしょう。食べ物、ファッション、インテリアなども、自分の喜びになるものを選んで。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する