Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(みずがめ座)/8月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(みずがめ座)/8月の運勢

Saya
Saya
2022-08-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わりはじめます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

みずがめ座/8月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

太陽が「人間関係」の領域を進むなか、8月4日に思考や伝達の星・水星が「潜在意識」の領域へ。この時期は、みずがめ座さんの実はとても緻密な面が出てきて、神経質になってしまいそう。人間関係でも、相手を追い詰めてしまわないようにして。23日に太陽がここに入り、27日には新月もあるので、過去の思い出や紙類を整理するのに最適。すべて清算しましょう。

12日には「逆行」している土星とともに、みずがめ座で満月があります。土星は足かけ3年、みずがめ座さんの頭上に。これまで課題としてきたテーマについて、結果がついてくるときです。少しずつハードルを上げて取り組んできたことがなんとなくできるようになっている、感覚がつかめてくるタイミング。15日には太陽と土星がハードな角度。相手と対峙する感覚があるかも。

この日にはまた愛と美の星・金星が「人間関係」の領域に入ることもあり、1対1の関係ではお互いしか目に入らないような雰囲気も。8月20日に火星が「恋愛や創造、子ども」の領域に入ると、2023年3月25日まで、新しいことをやりたくなりそう。恋愛でも積極的にアプローチできるでしょう。ただ24日に守護星の自立や変革の星・天王星も「逆行」。甘えを手放すことが大切。

WORKS

仕事の面ではみずがめ座さんに対し、さまざまなオーダーをつけてくる人がいそうです。なんとなくあなたが気に入らないのか、もしくはあなたの能力が高いと思っていて、もっと伸ばしたいと思っているのかも。その人が突きつけてくるものが正しいときもあれば、とても無理だと思えることも。でも、土星のトレーニングなので、きっと成長のための何かしらのヒントがあるはずです。

FOR MINDFULLNESS

20日までは火星が「居場所」の領域に。引っ越しや収納の見直しなどで、物の優先順位をつけるのによいとき。側に残しておくものなのか、それともさよならするのかを見極めて。みずがめ座さんは思考を司る星座のひとつ。さまざまな考えが頭をめぐり、ごっちゃになっても、整理が進むとスッキリしてきそう。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する