Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(てんびん座)/6月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(てんびん座)/6月の運勢

Saya
Saya
2021-06-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

広告

てんびん座/6月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

守護星で愛と美の星・金星は、6/2に「キャリアやライフワーク」の領域に。仕事でも、普段の生活でもあなたが属する組織、グループのために献身的に動くと、それによって人気が得られるタイミング。メンバーの心情まで動くあなたの配慮や思いやりが組織をまわしているのだとみんなが気づくようなとき。

6/10の新月&日食を機に、変化を求める気持ちは、さらに一段と高くなっていきます。ルーティンに飽き飽きして、新しいものを見聞きしたくなるのですね。この頃から、人間関係も華やかになり、グループの付き合いも活発化しそうです。

6/25の満月頃はやることが多くなりそうですが、翌日からは境界を溶かす星・海王星が「逆行」。生活リズムが乱れやすくなるとき。27日には金星も移動。仲間と楽しく付き合いながら、夏を楽しむようなモードにシフトしていきます。

WORKS 

グループでいると、何かと頼まれごとをするあなた。職場のチームでもそれは同じで、部下や後輩が何を考えているか、上司と橋渡しをしながら、みんなをまとめる役割のはず。今月前半はそのチームリーダーとしての手腕を問われます。後半は、仕事よりも人間関係に興味が移るので、前半のうちにがんばっておいて。

FOR MINDFULLNESS 

仕事や人間関係にエネルギーを注ぎ込むあまり、自分のことがあとまわしになりそうなタイミング。美意識の高いてんびん座でも、食事は適当になる、睡眠時間が短くなるなど、セルフケアが遠ざかるかも。こんなときこそ基本に立ち止まり、自分を大切にする。静かに過ごす時間なども作るようにしてみて。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

広告

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami