Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(ふたご座)/3月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(ふたご座)/3月の運勢

Saya
Saya
2021-03-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

ふたご座/3月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

3/4に行動や戦いの星・火星がふたご座に到来します。火星の到来は約2年ぶりなので、あなたは俄然、アクティヴに。新しいことを知りたい、学びたいという好奇心が旺盛になるタイミングです。ただ社会不安に影響され、漠然とした不安感はありそうですが、それも3/13の新月からは次第に落ち着いてきそうです。

3/20に太陽が、3/21に愛と美の星・金星が「仲間や未来」の領域に入ると、さらに考えがシフト。仲間とともに競い合いながら前進するように。まだ火星も頭上にあるので、とても楽しく活発な雰囲気です。3/29の満月は、「恋愛や創造」の領域で起こるので、出会いを求めて動いてきた人には答えが出そう。相手の気持ちがわかることもあるかも。言葉による言い過ぎなどのトラブルには注意。

WORKS

リサーチしたことを他者に伝える。教師や広報、ジャーナリストなどふたご座的な性質を生かした職業に就いている人ほど、軽い興奮がありそう。自分の適性を生かしながら仕事ができるためです。またコロナ禍で困っている人のためになりたいと弱者を助けるような事業をしている場合も熱が入りそう。ボランティア的な要素を仕事に組み込むと、それが自分の本業にもリターンとなりそう。

FOR MINDFULLNESS 

火星の到来で、自分らしさが加速。不安になりそうなのはニュースを見るくらいで、割合マインドフルに過ごせるとき。ただ、火星の刺激が強すぎて、前のめりになりがちな傾向には気をつけたいもの。パッと走り出しそうになっても深呼吸。まわりを見渡す余裕を身につけて。忘れ物にも気をつけたいですね。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami