【新年の自分磨き】内側からきれいになるための3つのヨガ的アプローチ

Adobe Stock

【新年の自分磨き】内側からきれいになるための3つのヨガ的アプローチ

自分の体を清潔にしたり、家や部屋の掃除をすることは誰もが心掛けて行っているでしょう。そして、外側だけでなく内面を綺麗にすることも大切なことは良く知られていることですが、具体的にどうしたらよいのか、ヨガ哲学の視点からみていきましょう。

「シャウチャ」

シャウチャ(Saucha)とはサンスクリット語で浄化、清浄、清潔という意味を持つ言葉です。ヨガの経典「ヨーガ・スートラ」で述べられているヨガにおける8つの段階(ヨガの八支則=アシュタンガ)の中の2番目に、ニヤマ(Niyama)と呼ばれる日々積極的に行いたい行動(勧戒)が5つあげられていて、シャウチャはその中のひとつです(サウチャと呼ばれることもあります)。

関連記事:ヨガの八支則の最初の段階「ヤマ(禁戒):してはいけないこと」

お風呂に入って体を清潔に保つことや部屋の片付けや掃除をするといった、外側(見た目)の清潔さだけなく、シャウチャには自分の内面を清潔に保ち浄化することの教えも含まれます。

saucha
Photo by Sarah Dorweiler on Unsplash

内面を清潔に保ち、浄化するには?

体内、言葉、心を綺麗に整えることが内面の浄化としてあげられています。

体内の浄化

体は外側だけでなく内面からも浄化ができます。ヨガではアーサナ(ポーズ)を練習することで、運動不足によってたまった体内の毒素や老廃物を取り除くことができ、プラーナヤーマ(呼吸法)では呼吸を整えることで心が落ち着き、自律神経を整えることにもつながります。ヨガの後に心も体も何となくすっきりとした気分になるのはこうした浄化の効果とも言えるでしょう。また、ネティポットを使って鼻うがいをするのも浄化法のひとつで、見たことがあったり、実際にやったことがある人もいるでしょう。

asana
Photo by Conscious Design on Unsplash

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

words
calm
asana
saucha
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する