やぎ座/9月の運勢【アストロロジー・ライター、Sayaの マインドフルネス占星術】

maegamimami

やぎ座/9月の運勢【アストロロジー・ライター、Sayaの マインドフルネス占星術】

Saya
Saya
2020-09-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

やぎ座/9月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDER

やぎ座には守護星で現実化の星・土星、拡大と保護の星・木星、変容の星・冥王星が滞在しているのは先月と変わりません。9/2の満月後、最初のシフトは、9/6。思考や伝達の星・水星が「キャリアやライフワーク」の領域に、愛と美の星・金星が「潜在意識」の領域に入ると、社会と関わり、自分を認めてほしいという気持ちがとても強くなりそう。9/10には「居場所」の領域で、行動や戦いの星・火星が「逆行」を始めます。職場や家庭では思いどおりにならないことも出てきそうですが、9/22以降は仕事が忙しくなり、忘れられそうです。

MOON CYCLE

9/2の満月は、やぎ座にとっての「環境や伝達」のエリアで起こります。自他の境界が曖昧になりやすいときなので、満月前は、客観性を心がけて。愚痴が出てきそうになったら、瞑想はもちろん、ノートに書いたりしても。9/17の新月以降は、新たなゴールが見えてきそう。自分の課題がよくわかりそうです。

WORKS

全体に近い未来のことを考えて動く時期。ただ、行動と戦いの星・火星は、「居場所」の領域で、9/10以降、「逆行」をスタートするので、相手が職場の部下や後輩でも、抑えつけないように気をつけて。しっかりと説明をして、相手をリスペクトすることが欠かせません。9/13に木星が、9/29に現実化や土星が頭上で「順行」すると、仕事のプレッシャーはだいぶ弱まってきそうです。

FOR MINDFULLNESS

がんばっている分、誰かに甘えたくなるとき。特に月末はそうですが、相手も忙しいとなると、なかなかそれもできないもの。そんなときは自然の中に出かけていって、アースしましょう。たまにはto do リストを作らない、何もしない日を作ること。頭をからっぽにし、風や光を思い切り、感じてみることが大切です。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が10月5日に発売予定。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する