「ありのままの自分」を受け入れるために必要なもの

Getty Images

「ありのままの自分」を受け入れるために必要なもの

櫻井麻美
櫻井麻美
2018-10-30

クラスでよく聞く“ありのままの自分を受け入れましょう”という言葉。なんとなく意味は分かるけれど…ありのままの自分って何?ありのままの自分を理解するために私たちがするべきこととは何か、考えてみましょう。

“ありのまま“に物事を見ていない私たち

“ありのまま”とは、今の状況をそのまま感じるということです。そのためには、今の自分が感じていること、今の自分がいる立ち位置、それらをそのまま見ていくことがまず必要になります。簡単なように思えるのですが、私たちは実はいつも目の前のことを“ありのまま”に見ていないのです。まずそこに問題があるのです。
例えば、髪を切った翌日に”新しい髪型、かわいいね”と言われたとします。ただシンプルにかわいいと思ったから言われただけですが、その言葉一つでも私たちはいろいろな想像をしてしまいます。「新しいのがかわいいってことは前の髪型はかわいくなかったかな…」「髪型がかわいいのであって自分の顔がかわいいのではないのだろう…」「ほめて機嫌をよくして何か頼もうと思っているのではないだろうか…」「好きじゃない人にかわいいといわれて気持ち悪い…」などなど、相手との関係性によっていろいろな裏をかいた思考をしてしまうのです(シンプルにありがとう!で終わる話なのですが)。このように、今までの自分の記憶や持っている価値観によって目の前の出来事がそのまま見えないことがたくさんあります。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する