具体的に描くべきものは「条件」ではない|幸せになるために、あなたがまず向き合うべきこと

Getty Images

具体的に描くべきものは「条件」ではない|幸せになるために、あなたがまず向き合うべきこと

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-08-03

巷に出回っている恋愛指南本や婚活メソッドには「理想の相手の条件をハッキリ決めてイメージした方がいい!」というアドバイスが必ずといっていいほど載っています。「出会いたい誰か」の条件を具体的に想像したとして、果たして、その条件をクリアした人となら必ず幸せになれるのでしょうか?本当に決めたいのは条件ではなくあなたの心のあり方かもしれません。

条件をクリアしたら絶対に幸せになれるの?

恋愛ドラマにあるような、絵にかいたようなお金持ちや、人がいい青年と出会えたとしても…やっぱり幸せになれるかどうかはあなた次第。結婚相手がお金を持っているからと言って、人生の中で苦労が少ないとは限りません。お金を持っていても、自分以外の誰かにお金を使わない人かもしれないし、そのお金もいつまで続くかわかりません。また、相手がイケメンだったとしても、その分浮気の心配は増えて全然幸せじゃないかもしれませんよね。だからこそ本当にイメージしたいのは、条件ではなく「あなたの感情(心のありかた)」ではないでしょうか。

「感情の理想」をマッチさせるには

あなたの理想とする愛情のカタチはどんなものでしょうか?その理想を語るだけでも人によって違いはあります。「お互いに想いあっている」という状態を理想にする人もいれば、「愛されていることが女性としての幸せ」と思っている人もいる。逆に、そうとはわかっていながらも「結局追っているのが好きなのよね…(笑)」というストイック(!?)な女性も少なくないはず。自分が追うのが好きであれば、相手は「追われるくらいがちょうどいい」と思っている男性でないと「彼女の愛が重たすぎる」と別れにつながってしまうことも。お互いの理想の形をパズルのようにマッチさせていくには、「得たい感情の理想」をハッキリさせておかなきゃいけません。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する