Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】12星座共通/10月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】12星座共通/10月の運勢

Saya
Saya
2022-10-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わりはじめます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

マインドフルネス占星術
maegamimami

思考や伝達の星・水星がおとめ座で「順行」後悔や罪悪感はもう手放していこう

10月2日に思考や伝達の星・水星がおとめ座で「順行」します。9月23日頃から、過去を振り返るモードだったとしても、再び前向きに。後悔したり、自分を責めたりするのではなく、どうしたら建設的な選択になるのかを考えるように。人からどう思われるかという心配、あの人と比べて自分は劣っているというような比較は手放して。シンプルに、まっすぐに考えていくことが大切です。

10月10日のおひつじ座の満月は、変容の星・冥王星の「順行」の翌日に

10月10日がおひつじ座の満月です。おひつじ座では自分の正直な気持ちに突き当たります。いろいろ悩んでいたことも、本当の気持ちを認められないためだったとわかるかもしれません。自分の気持ちが見えてしまうと、あとはそのために頭を使うだけです。ただ前日には変容の星・冥王星がやぎ座で「順行」していることもあり、プレッシャーが高まるような、そんな感覚もあるかもしれません。翌日には水星がてんびん座へ。もう一度、選択をやり直すことになるかも。

10月23日に太陽、愛と美の星・金星がさそり座へ 悩んでいたことでも一気に踏み込む感覚が

太陽、愛と美の星・金星がてんびん座にあり、ある程度、均衡を保っていた状態から、一気に踏み込んでいく気配があるのが10月23日。太陽と金星がともにさそり座に入るXデーなのです。さそり座は献身し、没入していく感覚をとても大切にする星座ですし、自分の思いの実現についても、とても大切にするはず。ある種の幻影を追いかけるようなところも、この頃、出てくるかもしれません。10月25日のさそり座の新月ではその色合いがとても濃くなるでしょう。

10月23日のもうひとつの動き 現実化とルールの星・土星が「順行」

10月23日がXデーというのは、この日、太陽と金星が動く前に、現実化とルールの星・土星が「順行」するのもあります。のろのろとしか進んでいなかった現実が急に動き出すときでもあり、驚くような展開もあるかもしれません。何だかいろいろと気になる配置ですね。欲しい、奪いたいという気持ちがあると、ジェラシーからとんでもない行動に走る人もいそうな気がして心配なところです。

木星がうお座に戻り、潤いを求めつつ 感情や情報のカオスもある時期に

10月後半がとんでもないと思うのは、さらに28日に「逆行」している拡大と保護の星・木星がうお座に戻ること。うお座には境界を溶かす星・海王星もありますから、カオスが予想されます。行動や戦いの星・火星はふたご座にあるので、情報も錯綜しそうなのですね。これから12月20日まで、感情が混乱することも。今まで抑えていた想いがあふれてきて、抑えられないかもしれません。

30日には行動や戦いの星・火星が「逆行」 水星も動き、情報もさらに混乱してくる

最後に30日です。この日は水星がさそり座に入るので、より深く考えていくとき。欲しいものがあると、戦略的になるでしょう。さらにこの日の夜には火星が「逆行」を始めます。先ほども書いたように、情報が混乱した状態が非常に強く感じられますね。自分の言葉の責任を取らないといけなくなるときでもあります。人を攻撃したら、ブーメランで戻ってくることも覚えておきたいですね。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する