Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(ふたご座)/10月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(ふたご座)/10月の運勢

Saya
Saya
2022-10-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わりはじめます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

ふたご座/10月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

10月2日に守護星の思考や伝達の星・水星が「順行」することもあり、先月のような大混乱の状況は落ち着いてくるでしょう。その不安も、自分がもう若くないことだとか、親が年老いていくだとか、漠然としたものだったと思います。

10日の「仲間や未来」の領域の満月前後、9日から11日にかけては、流れが切り変わりそうです。11日に守護星の水星が「恋愛や創造、子ども」の領域に入ることもあり、太陽もここにあるので、もっと人生を楽しみたいと思う反面、周囲と自分を比べてしまうことも。また相手がまぶしく思えたり、自分から離れていったりしそうに感じると、コントロールを強めて、逆に不協和音が。

23日には太陽、愛と美の星・金星が「ルーティンワークや日常生活」の領域へ。仕事に対して、〝命懸け〟になりやすい時期となります。現実化とルールの星・土星もこの日に「順行」するので、乗り越えなくてはいけない山が見えてくるとともに、25日のこの領域の新月以降、対象に対して、ガムシャラに向かっていくことになるでしょう。30日には水星も「ルーティンワークや日常生活」の領域へ。具体的な戦略を立てていくことがとても大切になるでしょう。

WORKS

28日に拡大と保護の星・木星が「キャリアやライフワーク」の領域に入ると、仕事のチャンスが入りやすくなりそう。この流れは12月20日まで続き、情報はあちこちから入ってくるので、キャッチしていって。30日にはふたご座さんの頭上で、行動や戦いの星・火星が「逆行」します。言葉によるトラブルには注意したいタイミング。ずっと以前の発言が取り沙汰されることもありそう。

FOR MINDFULLNESS

子どもを持つのか持たないのか、ひとりでいるのかいないのか、そんなことが気になりやすい今日この頃。プライオリティに悩んだら、年齢的に今しかできないことを優先してみて。たとえば卵子凍結ができるのは今だけかもしれません。出世より仕事より、あなたが今、大事だと思うことを見つめてみましょう。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読
の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する