Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(いて座)/2月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(いて座)/2月の運勢

Saya
Saya
2022-02-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

広告

いて座/2月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

「経済や豊かさ」の領域には変容の星・冥王星、伝達の星・水星、愛と美の星・金星、行動や戦いの星・火星が滞在中。1/29に「順行」した金星に続き、2/4には水星が「順行」するので、1月中は売上を達成したい、営業成績を伸ばしたいという期待が行きすぎていたとしても、それがだいぶ落ち着いてきそうです。

一方、2/1に「環境や伝達」の領域で新月が。ここには現実化とルールの星・土星もありますが、SNSやPRなど、「伝えること」に関して、ハードルを突破することが求められそう。もしかしたら、それは心理的なハードルなのかもしれません。ここには2/15に水星が入り、2/17に「ステップアップ」の領域で満月が起こるので、ハードルを超えて取り組んだ先に意外な目標や次のステージが見えることもありそう。

2/18には守護星の拡大と保護の星・木星と自立や変革の星・天王星が調和するので、この頃は家庭と仕事のバランスがよいように感じられそう。ただ2/19以降は、家庭でもし問題が起こっていたら、そこに向き合っていくことに。ただあまり難しく考えずに、相手の気持ちを優しく受け止めていくだけでもいいのかもしれません。

WORKS 

リアルに会う人とのつながりを大切にするいて座さんですが、コロナ禍の中、今はオンライン化がマストになっているのでは。2月は、たとえば、オンラインで講座をしたり、ツアーをしたりなどをやりたいなら、システムづくりやプランニングに取りかかるのは2月15日以降がおすすめ。2月1日の新月にアポをとって、15日以降に具体化する、そんな動き方をしてみては。また合理的に考えられるので、コストカットや確定申告などにもよいとき。

FOR MINDFULLNESS 

お金や宣伝についての悩みが深いとき。目の前のことに追われがちですが、少し立ち止まって、先を見通す目が大切に。自分がどこに行きたいのかを見つめてみて。またがんばりすぎでも疲れてしまうので、たまには休んでお昼寝してみる。そのくらいの切り替えも大切です。下を向いて数字を見つめてばかりでは落ち込んでしまうもの。上を向いて歩きたいですね。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

広告

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami