Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(うお座)/12月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(うお座)/12月の運勢

Saya
Saya
2021-12-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

うお座/12月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

うお座さんの頭上では12/1に守護星で境界を溶かす星・海王星が「順行」します。6月下旬から5ヶ月あまり、ふわふわと地に足がつかない思いでいた人もクールダウン。現実に向き合うことになりそうです。

そして、12/4に「キャリアやライフワーク」の領域で新月&日食が起こると、「海外・大学などアカデミックな世界・出版」などに関して仕事をしたいと思っている人は、可能性がひらけてきそう。12/13には行動や戦いの星・火星もこの領域に入るので、あなたからも積極的に働きかけていってよさそうです。

ただ12/19には愛と美の星・金星が「仲間や未来」の領域で「逆行」します。3日後の12/22には太陽もこの領域に。人間関係においては、周囲に役割を期待するとがっかりすることにも。自分の思いどおりに動いてほしいと思いすぎると人間関係が破綻することも。

12/29に拡大と保護の星・木星がうお座に再来すると、不安感は消え、癒しの流れが訪れます。優しく、ふんわりした明るいエネルギー。もし下を向いていたとしても、顔を上げたくなりそうです。

WORKS

今も十分悪くないのですが、その先を目指しているように見えます。ランクアップした、成長した自分を周囲に見せたいという気持ちもあるかもしれません。ただ人からの評価や社会的な評判を気にしすぎると、逆に見失うものもあるはず。あなたが仕事において、本当に大切にしたいことは目の前の人の笑顔かもしれません。焦りすぎず、やるべきことを積み上げていけば、きっと思いは叶います。

FOR MINDFULLNESS

海王星は「順行」したのですが、まだ周囲の思いに引っ張られやすく、本来の軌道から外れてしまうことも。ウォーキングをしっかりしたり、土のあるところで散歩したり。グラウンディングが欠かせません。宇宙にアクセスしつつも地球とも仲よくする。そんな態度を続けていると、自分の軸が強くなってきそうです。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する