Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(かに座)/7月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(かに座)/7月の運勢

Saya
Saya
2021-07-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

かに座/7月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR&MOON CYCLE

社会的なあなたの評価がよくも悪くもハッキリしてくる。それによって、人間関係でも答えが見えてきたのが6/25の満月でした。

22日まで、太陽はかに座を進み、主役運ではあるのですが、境界を溶かす星・海王星も「逆行」を始め、未来が見えない感覚も。そのため、なんとなく苦しくなることもあるのが7月です。ただ好きな仕事をしている人は、あなたを慕うファンがポツポツとでも増えてくるとき。

7/10のかに座の新月、7/12の思考や伝達の星・水星のかに座入りを経て、そうした自分のファンやお客さまのために動くことを考え始めるように。

7/22以降は、これまでお試しだった人が本格的に会員になるというように流れがよくなるかも。ただ7/24の満月、7/28の木星の移動を経て、また流れが切り替わりそう。外界の状況に振りまわされるひと月となるかもしれません。

WORKS

初めに書いたように、あなたの今までのがんばりにファンがついてくるとき。たとえば、お店やサロン、スタジオをしていると、家族的なムードを好んで、新しいお客さまからのコンタクトもあるという具合です。それらの問い合わせを結果に結びつけるようにしたいですね。月末が近づくとまたムードの変化があるので、営業に力を入れるなら、満月前までがおすすめのタイミング。

FOR MINDFULLNESS 

好きなことがやりたいし、好きなことにお金を遣いたい。そんな貪欲さが感じられるとき。お金の流れは悪くないけれど、出ていくものも多いタイミング。「欲しい」気持ちに引っ張られていると、思いがけない散財も。そこはマインドフルに自分の本当の気持ちを見つめて、必要なものだけに投資を。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

AUTHOR

Saya

Saya

1971年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、ライフスタイル分野の編集者を経て、アストロロジー・ライターに。『ELLE DEGITAL』や『LEE web』の連載も人気。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(集英社)ほか。5月19日に最新刊、『星の道を歩き、白魔女になるまで〜わたしの「物語」を見つけると人は癒される〜』(説話社)が発売予定。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami