1日を上手に乗り切ろう。パワーチャージできるヨガ的間食レシピ3つ

Sheri Giblin

1日を上手に乗り切ろう。パワーチャージできるヨガ的間食レシピ3つ

間食という習慣を賢く取り入れよう。そんなとき、すぐにエネルギーを充填できる食べ物があるといい。ここでは、パワーチャージに適した栄養バランスの良い間食レシピを紹介する。ヨガのプラクティス前後や仕事の休憩時間などに、ぜひ取り入れてみてほしい。

ミューズリーのブレックファストバー

ミューズリー
(photo by Sheri Giblin)

ゴールデンレーズン、刻んだドライアプリコット、無糖ココナッツ、アーモンドなど、他のドライフルーツやナッツを使って、自分の好みに合ったバーにしてみよう。 

材料(24本分)

  • ロールドオーツ...2と1/2 カップ全粒粉...1/4カップ
  • フラックスシード(挽いて粉にしてあるもの)...1/4カップ
  • 粉乳またはソイプロテインパウダー(好みで)...1/2カップ
  • 小麦胚芽(煎ったもの)...1/2カップ
  • くるみ(刻んで煎ったもの)...1/2カップ
  • ドライクランベリーまたはレーズン、もしくは2つを合わせて...1 カップハチミツ...1カップ天然塩を使ったピーナッツバター...1/2カップ
  • オリーブオイル...大さじ1

つくり方 

  1. オーブンを160度に温めておく。約23×33cm四方の焼き型に、 アルミホイルを敷くか、少量のオリーブオイルまたはキャノーラオイル(分量外)を塗る。
  2. 中くらいの大きさのボウルに、ロールドオーツ、全粒粉、フラックスシード、粉乳(入れなくても可)、小麦胚芽、くるみ、ドライクランベリーを入れ、混ぜ合わせる。
  3. 小さな鍋にハチミツ、ピーナッツバター、オリーブオイルを混ぜ入れ、温まってよく混ざるまで弱めの中火にかける。鍋の中身を2に加え、すばやくかき混ぜて、よく混ぜ合わせる。
  4. 手に少量のオイルを塗り、ボウルの中身を1の焼き型に均等に押し入れる。端の部分が茶色く色づいてくるまでオーブンで25分くらい焼く。型に入れたまま、オーブンの網の上で10分ほど冷まし、24本の棒状に切り分ける。冷めたら型から取り出し、密閉容器に入れて冷蔵庫の中で保存する。

●Reprinted with permission of Mayo Foundation for Medical Education and Research. 

Text by LAUREN LADOCEOUR
Photos by Sheri Giblin
Translation by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.28

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ミューズリー
フムス
テンペ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する